スマートフォン用の表示で見る

2012年9月 2日

三女の進路:14才の秋

中3三女、まだ志望校が決まっていない。

都立では行きたいところが見つからない。
長女がいっていたところは偏差値高すぎ。近辺の成績的に行けそうな所は気に入らない。

まじめなだけに、マジメじゃない子が入れちゃうような学校はイヤなのだ。

でもさ、それで目標も決めて頑張らなかったら、どこも入れないよ。


そして、おそらく三女はなんとなく、大学エスカレーターの私立がイイナと思っている。
かつ、そこでの選択基準は、校舎の新しさや広さである。

学校見学に行って、生徒たちがハキハキしている、とかも点数高いが、何よりモチベーションに関わるのはそのあたり。

さらに、お姉ちゃん2人の大学受験を見ていて、「もう1回、こんな受験勉強をやるのはイヤだな」とも思っているらしい。末っ子故、知りすぎたが故の悩みとも言えるか。

でもさ、お父さんはそんなエスカレーターなんて乗せないよ。

例えたまたまそういう私立高校に入ったって、大学に行きたいなら、選択と受験は必ずしてもらうからね。


目標の決め方も受験の姿勢も三人三様。
三女のやる気スイッチは、どうやったら入るのか。

自分より成績下、と思っていた子たちに抜かれたら目が覚めるかもねえ。
それからじゃ間に合わないかも知れないけれど。

三女14才の秋。

2012年8月24日

askawa 2012 「ぼくらが18才までに受けたかった授業」

大学生向けの就活支援をやっているスローガンが主催で、askawaが行われました。
明日が変わるからアスカワ、です(笑)

askawa_capture.jpg

対象は中高生。首都圏のみならず静岡からも意欲ある中高生が、青山一丁目のスローガン新本社に集まりました。
8/23.24の2日間で6人の講師が登壇し、熱い想いを語ります。

「ぼくらが18才までに受けたかった授業」と題されたこのイベントで講師を務めたのは、

8月23日(木)
松浦貴昌 氏 NPO法人ブラストビート代表理事・株式会社フィールビート代表取締役
「可能性は無限!元落ちこぼれバンドマンが語る"夢が叶うコツ"」
今村久美 氏 NPOカタリバ代表理事
「ソリューションをつくりだす力」
吉田正樹 氏 株式会社ワタナベエンターテインメント会長
「chance favors the prepared minds ~チャンスは準備が出来た者だけに訪れる~」

8月24日(金)
山元賢治 氏 株式会社コミュニカ代表取締役社長
「世界で通用する人になるために今知っておきたいこと」
松田悠介 氏 Teach for Japan 代表理事
「中高生の皆さんへ、『自分らしく生きる』とは?ひとりひとりの子どもの可能性が最大限活かされる社会を目指して」
三谷宏治 氏 K.I.T.虎ノ門大学院主任教授
「これからの時代に必要な、発想力と決める力」

の6名。私以外は、若き社会起業家たちを中心に、伝説のプロデューサーや元アップルジャパン代表取締役社長まで。
私はなんかアウェーな感じです(笑)

でも(たまたま)トリなので頑張りました。

約2時間、中高生20名、大学生20名相手に、全力での発想力授業です。
そしてQ&Aも含めて、ちょっとだけ「生き方」を語っちゃいました。

20120824askawa_02.jpg

みなの感想は・・・
「視界が変わるような話だった」
「紙コップでは、自分では絶対違うと思ったことが、実際やってみるとその通りで、行動してみないと本当のことはわからない(後略)」
夢がないならまず自分を鍛える、というのがすごく印象的でした」
などなど。

面白さ評価は中高生95%、大学生95%が「とても面白かった」と。
やったね。

2012-08-24 17.31.45.jpg

さあ、この授業は、いやこの2日間は、みんなにとって「明日が変わる」授業になったかな。
後は、キミたち次第。


主催のスローガン伊藤さん、企画・運営をされた大学生スタッフのみなさん、ご苦労さまでした!!!

2012年7月27日

三女と自転車2:GIANT直営店にて

銀輪の巨人を読んでいる。 

51J1raYgKiL._SL500_.jpg

台湾の自転車メーカー、GIANTの物語である。 
正式社名は、巨大機械工業。台湾の片隅で、38名の社員で立ち上げたときからこの名前だ。 

そして40年後の今、安かろう悪かろうのイメージを覆して、世界最大の自転車メーカーとなった。 

本には知らなかったことがいっぱい書いてあった。 
OEMから始まって、途中から自社ブランドを立ち上げたこと。 
製品単価を低価格から中価格帯へ、どんどん上げていったこと。 
サービス品質を維持するため、量販店では売らないこと。 

私の地元、二子玉川にはそのGIANTの直営店がある。 
駅から多摩川に下る道の先に、東急電鉄が高架下(正確には脇の土地)活用のために、数年前誘致した。 
ガラス張りの白い建物で、なかなか未来的な建物である。 

6a012875710d74970c0133f2234cdf970b.jpg

もともと三女と自転車探しをしたとき、ここにも寄っていた。 
1階が男性向け、2階が女性向け。 

各デザイン毎に、フレームサイズがXXS、XS、Sとか数多く用意されているのが印象的だった。 
小柄な三女にはうれしいことである。 
で、シンプルな形のものを、彼女は「この中で選ぶならこれ」と気に入っていた。三色の色の中では青がいいとも。 

でも、一番は無印良品の自転車だったわけで、でもそれが撃沈したのは、前回書いたとおり。 
その後、地元のブリヂストン特約店にも行ったが、もう一歩。 

そうこうするうちに1週間。 
このままでは自転車無しで夏休みが過ぎていきそうである・・・。ま、私はいいんだけどね。 


と、この『銀輪の巨人』を読むまでは、思っていた。 

う~ん、どうせなら1回、GIANTの製品とお店を試してみたいなあ、と思ってしまったのだ。 

三女に聞いてみる。「GIANTにしない?」 
そしたらあっさり「うん、いいよ~」 

その足でGIANT直営店に向かい、まずは欲しい自転車を改めて選ぶ。 
これもあっさり前回のと同じのを選ぶ。 
私は本当は、これが格好いいと思ったんだけどなあ・・・。三女的にはダメらしい。 

2012-07-27 19.02.19.jpg

ま、いいや。 

彼女のお気に入りは、フレームはシンプルな形。色はブルー。 

2012-07-27 19.02.08.jpg

これに真っ白い泥よけを合わせて、黒の網カゴ、黒のスタンドをつける。 

すると・・・、おお、なかなかナイスな配色じゃないの。

2012-07-28 09.14.54.jpg

2012-07-28 09.14.15.jpg

店頭在庫があるものばかりだったので、その日のうちに組み立て上がり、ニコニコしながら乗って帰ってきた。 
最初の感想は「すーーーっと進んじゃってコワイ(笑)」だった。 

そりゃ、11kgの軽量型だからねえ。 
GIANTは軽量が売り。5~6万円の中価格帯のものでも、10~11kgである。(14万円を超える高価格帯だと8~9kg) 

大事にしなよ。 
ちゃんとメンテナンスしなかったら没収しますので、そのつもりで。

2012年7月24日

三女の主張

さっき書斎に三女が来た。

何かと思ったら今行っている塾で、9月から始まる「作文講座」を追加で受けたいという。

彼女がまず説明したのは、
・都立の入試では国語で必ず10点分出る(200字作文というのがある)
・それをしっかり取りたい
ということ。

そして、その作文講座が
・国語の先生だけでなく、他の先生もいいと誉めていること
・マンツーマンに近い形でやってくれること
・でも外部も使って個別添削するから、費用が嵩むこと
を説明。

う~ん、これは「重み」と「差」というヤツじゃないですか。
作文はダイジ、そしてそこでこの作文講座は、こんなに凄い。

週1回で月12000円。
安くは無いけれど、その説明力に免じてOKとしましょう。

決して
・他の子も受けるらしいから(事実)
なんて(私には)言わなかったしね。


でも合わないと思ったら、途中で止められるの?

それもさっそく調べてきて、「前月の5日に言えば、来月から停止できる」と。
つまり2ヶ月は絶対、ってことね。まあ、塾の他の部分と一緒か。


最後に「あなたが今一番弱いのは?」「数学と英語」「そうだよね。そこが一番伸ばせるところ。そのバランスも気をつけてね」「は~い」と会話して終了。

結果につながるといいね。
でも結果はどうあれ、あなたのその自らの判断と努力の一つ一つが、何よりも貴いのだよ。
DSC_0120.JPG

2012年7月22日

三女と自転車

塾通いが始まって4ヶ月。隣の駅なので、電車だったのだが最近になって「自転車で」と言い始めた。
確かに、駅まで10分歩いている間に、自転車だと着いてしまうほど、隣の駅は近い。

自転車は小学校のとき買ったものがあるがこれはもう、お母さんのものと見捨て、自分は新しいのが欲しいという。
まあ、いいでしょ。

好みを聞くと「しろたみたいなの」と言う。
地元の商店街の自転車屋さんである。意味がよくわからないので聞くと「スポーティなのはイヤ」だと。

でも、ママチャリではなくて、ハンドルはまっすぐで、フレームが曲がっているのも格好良くない!・・・と、聞けば聞くほど難しい。

ともかく、いつものとおり、自分で調査、自分で判断、の練習である。

歩いて行ける範囲に自転車屋さんは6軒ある。先日、それらをほとんど全部回って調査した。
そのひとつがMUJI。
彼女は結局、その超シンプルなヤツが気に入り、それが良いという。
a3f35779c4ed3f23f2cd9f80c706797aab0eed84_m (1).jpg←これのベージュ

私としてはあまりに地味で、シマノじゃなくて、重くて、内装3段しかないのが気に入らないが、まあ、いいでしょ。
ということで朝一で買いに行ったのだが・・・
2012-07-22 10.17.14.jpg

なんと、
・内装3段は黒だけ
・ベージュだと多段ギア無し
ということが判明。

さすがにギア無しは寂しい(というか坂を登れない(笑))し、真っ黒はイヤだし、と断念。

さー、どうするかな~
早めに頼まないと、夏の間乗れないぞ~

150cmのちびっ子なので、チョイスが少ないしね。
4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

PAGE TOP