スマートフォン用の表示で見る

2013年12月18日

『経営戦略全史』日経朝刊2面に広告です!

2013年12月18日、今朝の日本経済新聞朝刊2面です。

2013-12-18 09.39.55 2.jpg

2013-12-18 09.40.11 2.jpg

誤植がありますね~。
まあ、「く」なく読める本ということでご笑納を。

追記:
この効果か、現在Amazon総合34位、ビジネス・経済で4位です。
スクリーンショット 2013-12-18 15.51.05.jpg

2013年12月10日

急告:『経営戦略全史』講演会@東名阪のお知らせ

お知らせです。
なんと、『経営戦略全史』受賞記念講演が東名阪で来春に!

各店でHBRか本を買うと整理券が手に入ります。

・1/15 丸善丸の内本店@日経セミナーホール
・1/30 三省堂名古屋高島屋店@グロービス名古屋校
・1/31 紀伊國屋梅田本店@グロービス大阪校

です!!!

今朝の日経朝刊より。

2013-12-10 12.56.14.jpg

2013年12月 8日

『経営戦略全史』がダイヤモンドHBR読者が選ぶベスト経営書2013 第1位に!

12月5日夜、表参道某所でダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)の読者会が開かれました。
50余名のHBR読者が集まったパーティでは、「HBR読者が選ぶベスト経営書2013」の投票結果が次々と発表されていきます。

10位 『コトラー8つの成長戦略』フィリップ・コトラーほか
 9位 『LEAN IN』シェリル・サンドバーグ
 8位 『イノベーション・オブ・ライフ』クレイトン・クリステンセン
 7位 『経営は何をすべきか』ゲイリー・ハメル
 6位 『戦略読書日記』楠木建
 5位 『不格好経営』南場智子
 4位 『MAKERS』クリス・アンダーソン

メジャーどころが次々読み上げられ、会場は徐々に盛り上がります。でもざわざわ。
「自分が投票したアレはどうなったんだ!?」

発表は続きます

 3位 『世界の経営学者はいま何を考えているのか』入山章栄
 2位 『採用基準』伊賀泰代

そして!

 1位 『経営戦略全史』三谷宏治

ここで、会場の外でしばし待機してた、われわれ著者陣が登場します。
伊賀泰代さん、入山章栄さん、私の3人です。
まずは表彰式が行われ、読者代表から花束と、なんとこんなサプライズギフトが!

2013-12-05 20.28.29.jpg

特大の『経営戦略全史』いちごケーキです。これほど見事に再現できるんですねえ・・・
とても美味しかったです。

2013-12-05 20.41.26.jpg

その後、会場ではジャンケン大会や懇親が続き、最後には記念撮影も。

936046_678800418827024_1428031444_n.jpg

そして深夜12時を過ぎ、12月6日になったところで、ダイヤモンドHBRのHPで正式に発表されました。(12月10日発行の『ダイヤモンドHBR』1月号でも!)

1位は、歴史書のような経営戦略書


スクリーンショット 2013-12-08 09.17.47.png

12月10日以降、全国の主要書店では、ダイヤモンド社 及びディスカヴァー・トゥエンティワンによるフェアが行われます。
もしかしたら、こんな特装オビ

2013-12-08 09.23.57.jpg

こんなパネルが、

受賞パネル_B.jpg

みなさんの近くにも見つかるかも!


翌日、ディスカヴァーから大きな荷物が届きました。
開けてみると何と

2013-12-08 09.29.10.jpg

『経営戦略全史』韓国語版です!メガブックス社による見本刷りが送られてきました。
なかなか格好良いぞ!

専門家によれば、書題の意味は『経営戦略 論戦史』だとか。
ところどころ、「東亜ビジネスレビュー」編集局長のキム・ナングックさんによる解説文「Practitioner's Tips」が入っていて親切です。

でもとにかくこの本、大きくて重いのです!
・ページ数:460頁 対 432頁 で6%増
・大きさ:厚みは同じで縦10%、横18%大
・重さ:951gと512gでなんと86%増!!!

2013-12-07 19.42.03.jpg

『経営戦略全史』は軽い紙を使っていて、持ちやすくしているとは聞いていましたが、普通の紙だと1kg近くになるんですねえ。ビックリでした。
ずっしりの重厚感です。

2800ウォン。

さて、新年1月には東京・大阪・名古屋で「HBR読者が選ぶベスト経営書2013」の受賞記念講演が行われます。日程や場所は、またHP上でお知らせしますので、ご興味ある方は是非。


今年2013年を締めくくる、大きなプレゼントでした。

2013年11月11日

『伝わる書き方』(PHP)刊行です!11/08/2013

先週末に、PHPから『伝わる書き方』が刊行されました。
その名の通り、相手に伝わる文章を書くための本です。

伝わる文章のヒミツは「よいプレゼンテーションのトークのように書く」ことです。

そしてそれは、
・短く書く
・構造化する
・波をつくる
こと。

この本のウリはでも、そのやり方というより「事例の面白さ」にあるかもしれません。
・小林秀雄の随筆「鐔」
・日本国憲法前文
・いろは歌
・マイケル・ポーターの業界分析
・各国の少子化対策
などなど。

書店でも列び始めました。
2013-11-11 10.27.37.jpg 2013-11-11 11.13.20.jpg
丸善オアゾ店と八重洲ブックセンター

2013-11-11 12.21.01.jpg 2013-11-11 12.22.37.jpg
いずれも三省堂有楽町店

三省堂名古屋高島屋店20131109 03.jpg
そして三省堂名古屋高島屋店。

Amazonでも500位前後と、よい滑り出し。

さてさて、ここから。
上手く波に乗って、多くのみなさんに読んでいただけますように。

2013年11月 7日

『伝わる書き方』今週末(11/8)発刊です!

kakikata.jpg

Amazonにもやっと書影が上がりました。
今週末、いよいよ「書き方」の本、出ます!

決める力、発想力、整理術、ハカる力、伝える技術、と進んできましたが、今回は「書き方」がテーマです。

結局私が辿り着いたのは「プレゼンテーションでしゃべるように書く」という方法でした。
聴くことは読むことより難しいから、わかりやすくしないと伝わりません。
だから伝わるために、
・短くする
・構造化する
・波をつくる
を頑張るのです。の3つをしっかりやることが、伝わるビジネス文章のすべてです。

この本では、小林秀雄、マイケル・ポーター、日本国憲法、いろは歌、などなどの面白い事例が満載です。(ここに時間がかかった......)

また、私のダメダメ物語も少し(笑)

ぜひ、ご一読ください。
4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

PAGE TOP