スマートフォン用の表示で見る

2011年7月 1日

執筆日記T2「伝える」と「伝わる」は違う

今は10月出版予定の「考え伝え議論する本」の原稿書きの季節なのだけれど、先週くらいから8月出版の『ペンギン、カフェをつくる』の校正作業等が本格化。
昨日もバリウム飲んだあと、再校ゲラと格闘していた(笑)

今回の原稿では「伝わる」ようにする、が最大のテーマ。
図だけ見ても内容が分かるように。
パッと読んでも言いたいことが伝わるように。

ステップを跳ばさず、でも冗長にならないように。
楽しくしっかり社会人初心者が学べる本にしようと思う。

『正しく決める力』のさらに入門版かなあ。10月にかんき出版から。


メディアでの紹介

今をときめく受験塾、SAPIXの機関誌で、『ルークの冒険』が紹介された!
1744452644_44.jpg
中学受験向けのもので、親が読む内容だと思うけれど、そこから関心を持ってもらえるといいねえ。
さて、受験ママ・パパたちに響くかな~~~。


他にはバリバリの子育て本である
President Baby
AERA with Kids
にほぼ同時に取材を受けて、記事になった。

President Babyは「兄弟揃って頭のいい子の家ではお父さんが強かった」という内容。
1744452644_7.jpg

お父さんが云々と言うよりは、「稼いでいるヒトが偉いのよ」ということをきちんと示していることかね、とも思う。

AERA with Kidsは「夏休みにはお手伝いをさせよう!!!」という分かりやすいお話で、14ページの大特集。お手伝い本の権威である辰巳さんたちと一緒に、コメントをいっぱい取り上げていただいている。
1744452644_139.jpg



今日も暑いね。でも部屋で終日作業の予定(笑)

2011年3月23日

「お手伝い大賞」当選者5名発表!

『お手伝い至上主義でいこう!』発刊を記念してTwitter上で行われた『お手伝い大賞』の当選者の発表が、今日あった。(それもTwitter上)


プロセス紹介
・自分がやった(もしくは子どもの)面白いお手伝いを、ハッシュタグ(#otetsudai)付きでつぶやく
・その中から抽選で、いや、私が独断と偏見で、面白いものを5つ選ぶ
・当選者には『お手伝い至上主義でいこう!』を1冊ずつプレゼント!


個別にはプレジデント社の公式アカウント(@President_Books)上ですでに発表されたが、文章が多少省略もされていたので、以下に全文を。(但しここでも一部、割愛、統合アリ)

赤字が私のコメント。

yone1969さん

飼っていた蜜蜂を食べにくるスズメ蜂を魚すくい網で捕まえて足で潰すこと。蜜蜂は網の目から逃げるからスズメ蜂だけ捕獲が可。サンダルは厳禁。夏休みの手伝いでした。深追いは厳禁。蜜蜂を貪って我を忘れてる時にパカッと。しくじったらむやみやたらに動いてはいけません。 #otetsudai

凄いです。この世に「スズメ蜂を捕らえる」というお手伝いが存在するとは、知りませんでした。生きる力が、身につきますね・・・。

 

kobamuさん

我が家では、「家の仕事」と言ってます。35歳の兄妹は、新聞取り、風呂洗い、布団干し、料理、カーテンの開け閉め、洗濯干し&たたみ、料理、畑仕事など、今は何でも手伝ってくれますが、後十数年続くかが課題。三谷さんの本読まなきゃ! #otetsudai

お互いライバル心を燃やしつつ、助け合ってやっている姿が目に浮かびます。最高ですね!

 

thomaxJaさん

生ごみを埋めるからって,庭に穴を掘るのが,一番記憶に残っています。 RT @President_Books: 【お手伝いコンテスト開催中!】子供のころ「私がやっていたちょっと面白いお 手伝い」を、 #otetsudai

庭に穴を掘る。なんだかちょっと宝探しのようでドキドキしますね。

 

mayomaxxさん

毎週火曜日、母の帰りが遅い日には、子ども3人でカレーをつくっていました。おいしいカレーを研究して、コーヒーの粉末入れたり、チョコ入れたり。本当にスパイスに入れてるカレー屋さんがあることを都会に出てから知って、感動したなあ。 #otetsudai

子どもたちの思い切った創意工夫が素晴らしい!私がやったのは精々、醤油を入れる、くらいでした。

 

norudarakeさん

小学生の頃おばあちゃんのお散歩に一緒に行くお手伝いをしてました。おばあちゃんは痴呆症だったので母が心配して。おばあちゃんは私の事を母だと思っていたのでいつも母の名前で呼ばれてました(笑)あの頃一緒に歩いた道は様変わりししまってちょっと寂しいですね #otetsudai

娘たちの投票では、これが一番でした!親子三代の心の繋がりが、見えますね。

2011年3月 8日

47回目の誕生日のやわらかな決意

3/8で47である。 さっき長女(のんびり春休み中)が部屋に来ておめでとう、と。
ついでにいろいろ話をして行った。

まあ「around 50」ということでは、46と大差はなく、それほどの感慨はない。 

また一年、健康で過ごせたな、という感謝と、 
また一年、楽しく過ごしたいな、という希望があるだけだ。 

いや、希望ではなく、やわらかな決意、と言うべきものだろうか。 


たまたま、メディア系の昨日今日だった。 

昨日、週刊東洋経済の記者さんたちが雪の中、取材に見えた。 
5484447_1027323634_12large.jpg
1時間半、楽しくお話と撮影。 
帰り際には雨に変わっていてめでたしめでたし。 

今日さっき、ダイヤモンドオンラインに記事がアップされた。 
「三谷流 構造的やわらか発想法」の第3講である。 
『違和感から発見する!そのための「予測」トレーニング』と名付けて、どう発見するかを説いている。 

昨日今日、『学びの源泉』の原稿を書いている。 
テーマはペットボトルで、前々回の続編なのだ。 
地球のためのカタチとは! 


実は今年中に、あと2冊、ビジネス書を書くことが決まっている。 
不思議な巡り合わせでそうなったのだが、そのお話はまた今度。 
今は、『ルークの冒険』と『お手伝い至上主義でいこう!』の販促に全力を注ぐとき。 


そうそう、もう一件、特別講義の申し込みが西方400kmより。 
これは他のとまた違う感じなのだけれど、4月には行くことになりそう。 

楽しいね。


楽しみながら、面白がりながら、真剣に、今を生きる。
46でも47でも、変わらず、淡々と。

2010年12月26日

クリスマスのサプライズ:『プレジデント』2011 1.17号

忘れていた。 
『プレジデント』の取材を受けていたのだった。 

昨日、クリスマスというのにKIT虎ノ門で4時間ぶっ続けのゼミを行った。
そのときに、発見。

DSC_0011.JPG

最新号、p80。 

DSC_7012.JPG

隣はヤンキー先生の義家さん、次の頁は婚活の白河さん~

2010年12月 8日

12/8 on 日経産業新聞

昨日連絡があって、今朝の日経産業新聞に取材記事が載るとか。
何面かは不明。

テーマはアイデア力?
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

PAGE TOP