スマートフォン用の表示で見る

2009年8月31日

民主政権と電気自動車

昨日、選挙開票特番を見ていたら、「民主党のマニフェストにあるCO2 30%削減と、高速道路無料化は明らかに矛盾するのではないか?」という古舘伊知郎氏の(珍しく?)まともな突っ込みに対して、民主党 岡田幹事長が

「それは長期的に考えて欲しい」
「将来的には車は全て電気自動車にするとかそういうことで両立させる」
という旨の発言をされていた。

「電気自動車」
と言い切ったことに、ちょっとビックリ。

岡田幹事長の頭にも、次世代の環境自動車として、ハイブリッドでも燃料電池車でもなく、電気自動車がインプットされていると言うことだ。

ここ数ヶ月、急速にその価値を再評価されている電気自動車。

日産に続いて、ホンダもトヨタも「本気」を示し始めた。


先日のシムドライブ社設立のニュースも面白い。
慶応大学が中心となった、ホイールインドライブ型の電気自動車システムの開発会社(正確には企画運営のみ)だ。電気モーターは日本のお家芸。ここで頑張らずにどこで頑張る!


そこでも提携先として紹介されていたのが、インフラ型電池供給システムを提案するベタープレイス社。
ガソリンスタンドのような場所を作って、そこでガチャンと電池パックを交換しちゃう仕組みのモノだ。

これで電気自動車最大の弱点である「充電時間」の壁を超える!


今日は、ベタープレイスの本部長である三村さんと、KITでお話し。
彼がSAP時代からのお付き合いだが、彼ほど新しいビジネスのエヴァンジェリストにふさわしいヒトもいるまい。

ますますの活躍を期待したい。



雨で、KITは1500に閉校となった。
帰ろ。

2009年8月29日

Amazonまた品切れ・・・

なんだか困ったことである。

発刊8日目、8月20日の直後にも在庫無しになり、配送まで2~5週間の表示に。
私なら新刊を買うのに5週間なんて絶対待たない。
折角30位前後までAmazonランキングが上がっていた直後だったので、大ショック。

そのときには、在庫が補充されるまでに5日も掛かった。
原因不明の遅さ。書店側の在庫が切れていたわけでもないのに。


週刊東洋経済でAmazonの特集が載ったのが8/24。

Toyokeizai_Amazon.jpg
 
そこでは「物流力」と称して、Amazonジャパンと日通が組んで作り上げた物流倉庫が取り上げられ、その効率性、優秀さを誇っていた。まったく、その通り。私も講義でいつも取り上げる事例である。
 
でも、流石にこれは何?って思ってた。そもそも調達が遅けりゃ意味ないじゃん!
 

8/25にようやく在庫が補充された、と思ったら、また今日品切れである。
ランキングでは100位前後だったのに、なぜ?
何百冊も急に売れたわけであるまいに。


Amazonさん、大ファンなんですから、しっかりして!

2009年8月28日

『発想の視点力』広告 on 日経新聞8/28

本日の日本経済新聞2面の広告に、『発想の視点力』が!

SA3C0274.JPG

大きく扱ってもらえて、嬉しい。

SA3C0275.JPG

それにしてもシンプルな広告・・・潔いとも言える、が。

2009年8月27日

東野圭吾のSF

東野圭吾、結構好きである。
「容疑者Xの献身」みたいに、ちょっと大味だな、と思う作品もあるが、「百夜行」は凄く良かった。
で、再びの本棚増設に際し、ならべ直しをやっていて、手に取ったのが「パラドックス13」

SA3C0272.JPG 

ブラックホールからのエネルギー波の影響で、世界中の時間が13秒スリップする、その影響によって・・・という一種のSFだ。
細かい科学話は一切無い。ただ、SF的に言えば、知性の意味、についての提起がある。
全ての自然物は数学的確率論に支配される。太陽も月も、土も風も、草も花も。
しかし、知性あるものだけが、そこから外れている。

これは宇宙にとって、実は・・・

SA3C0273.JPG

人間物語的には、天は自ら助くる者を助く、という主人公の兄の言葉に、集約されているだろうか。
安易な考えをいさめつつ、無謀さの価値やら、論理・非論理の対立を見せてくれる。
その中で、出てくるのも、ヒトの意思。

時間をテーマにして、村上龍も「五分後の世界」という作品を出している。
パラレルワールド(平行世界)に滑り落ちた主人公。
そこは5分だけずれた東京。戦後、大国に分割統治された日本だった!


いずれも、SFの「圧倒的隔絶」による「テーマの純化」を発揮しつつ、高いリアリティを実現した名著と思う。

買って、4ヶ月も放置してゴメンナサイ。


新コンテンツ「暦のフシギ」リリース

久しぶりに、新コンテンツのリリース。

発想力のフシギ・シリーズ、数字のフシギのなかに、「暦のフシギ」がデビュー。

なぜ1年は365日か、いや、そもそもなぜ1年を測りたかったのか。
そしてなぜ1時間は・・・

お楽しみを。


2009年8月25日

HDJ新車発表会@六本木ヒルズ

今日はハーレー・ダビッドソン ジャパンの新車発表会だった。
創業者の曾孫で副社長のウイリアム・G・ダビッドソンも臨席しての大イベントだ。

夕方までは40Fでディーラーミーティング。
SA3C0271.JPG
 
その後、六本木ヒルズ・アリーナで新車発表会。

一般客 800人
ディーラーさん400人
スタッフ 100人
といったところか。もちろん、会場はオープンエアなので、回りの通路や階段は黒山の人だかり。
SA3C0285.JPG 

全体の演出も悪くなかったが、Buellのスタントライディングがビックリ。
狭く短い通路で、ノリノリのパフォーマンスだった。

その後の、立食パーティは辞して帰宅。


因みに午後はKITで、日経新聞の取材をウケた。
100万人に伝えるべきメッセージは、明確だったか?
9/15をご期待アレ。


2009年8月24日

雷雨と道路冠水と暴走族

今日は銀座でCHANELに勤める友人とランチ。
銀座店と、青山店を見学。

その頃から黒雲が・・・二子玉川で本屋にいたら雨雲に追い着かれ、あやうく家に。
直後雷雨が数十分降り続いた。

三女の声に外へ出てみると、いつも通り、お隣の玉川大師前が冠水。
前のグランウェリスは、以前の被災で学習したらしく、地下駐車場に水が入らないように防水版を立てている。
090824rain01.jpg

一番深いところでは小さめのタイヤがほぼ隠れるくらいの深さ。なかなかである。
しばらく見ていると、色々なクルマが居る。

普通にソロソロ走るクルマ。
090824rain02.jpg

でも、半分くらいのクルマは勢いよく水を跳ね上げる。
090824rain03.jpg

090824rain04.jpg

090824rain05.jpg
これには逃げた。マジで。

そして、自転車で頑張るお母さんにも容赦はない。
090824rain06.jpg

一番凄かったのは、これ。水たまりを見るや、いきなりアクセル全開。
090824rain07.jpg

勢い付けないと沈むと思ったのかしらね、このトラックの運ちゃん・・・
沈みませんから。

雨は30分ほどでやみ、水もまもなく引いた。
明るかったから、これで済んだが、夜だったら、全速力で突っ込んでバンパーを吹っ飛ばすクルマがまた何台も出ただろうなあ。

非常時の時にこそ、ヒトの本性は現われる。



私は・・・野次馬?

2009年8月22日

ケンシューシューカン

8/19(水) KIT虎ノ門大学院で60名に対して「ファシリテーション」公開講座。
これは、土曜日のヤツの実験版とも言える。90分があっという間。15分超過。
初めてにしてはうまく行った・・・かな。改良点も見えた。


8/21(金) Slogan@神田、で30名の学生に対し「発想の視点力」講座。
http://www.goodfind.jp/2011/seminar/essential-viewpoint.html
出席率100%。よしよし。
SA3C0259.JPG
 
理屈好きな人たちの集まり((笑)でもあり、「なぜ」を続ける「探究」もウケた。
120分があっという間。
最後の質問も悪くなかったかな。みな、ちゃんと頭だけでなく手も動かすように!
行動による発想力、これをデザイン思考とも言うのかな。


8/22(土) 日本ファシリテーション協会で70名対象に「ファシリテーション」講座。
180分モノだ。
さてさて、どうなるかな。新ネタ「ファシリテーション」
・横に立つコーチ役
・後ろに座る突っ込み役
・前に立つリード役

リード役のスキルとしてのフレームワーク構築力。
どう議論のフレームワークを創り上げるのか!
(注:こんな感じだった)
SA3C0260.JPG

8/22(土) 夜は二子玉川花火大会。恒例の屋上パーティ。
食べ物・飲み物持参のお気楽なもの。
学生軍団アントレと楽しい仲間たち、も来襲予定。
19-20時の花火鑑賞後は、「発想の視点力」研修@home


8/23(日) グロービスの河野さん主催 GEC向け「発想の視点力」研修
10-12時でランチ懇親会付き。


研修週間・・・


そうそう、10/2開催の ホンキキ!での研修も告知された。
興味ある方は是非、申込を~

http://honkiki.com/2009/08/post-34.html

場所はKIT虎ノ門大学院。


2009年8月21日

1万発の花火と1万馬力の講義

8/22は二子玉川花火大会。

次女は高校の友だちと一緒に浴衣でお出かけ。
SA3C0266.JPG
 
30万人の群衆の一部となって、兵庫島をジワジワ歩いていたらしい。

我々は、屋上で待機。
二子玉川駅前の混雑を乗り越え辿り着いた者たちが、集まり出す。

打ち上げ前には、となりの山河の湯から、友人のルサカさんの歌い声。
ユニット名は花乃ルサカ。
http://hanarusa.exblog.jp/10934729/
これをタダで聞こえちゃうのもこの場所ならでは。
近隣の家の屋上でも、花火鑑賞のセッティングが進む。

1900からいよいよ花火開始。川崎側のはいまいち見づらいが、世田谷側はバッチリ。
ほぼ正面で、どーーーーっん。
img_812126_15219506_0.jpg
 
音が一瞬遅れるのが、また、良い。背後の崖からの反射音もあり、迫力満点だ。

近隣の人たちと声を合わせて「お~~~~っ」
結局、我が家の屋上には20数名いたかな。

今年始めてみたような、色々な工夫のあるモノが多かった。
大きなモノでも暗めの赤い細い糸を引くような大輪のとか。

2000終了。
お片付け後、学生さん向けの夏期特別講習、実施。
またの名を「アントレと愉快な知人たち」
Ucida_home.jpg
 
就職前後の若者たちに、昔話を絡めながら、発想の研修を・・・2時間半くらい。

頭がダメならハサミを使おう!がキャッチフレーズか(笑)
反応も良く、楽しい講義だった。


皆の研鑽と成功を祈る。


学生軍団の他に・・・
大学時代からの友人、増川氏が何かと手伝ってくれた。写真もありがとう。
BCG初期からの知り合いであるMayumiさんも。
遅れてKITの元ゼミ生2名もサマーパーティ後、合流。ごくろうさん。



Amazonランキング ビジネス書 2位!(8/20)

改めてのご報告、御礼である。

土井さんのBBMで紹介いただいたこともあり、8/20に二度、ビジネス書(正確には、ビジネス・経済・キャリア)で2位になった。総合では29位である。

キャンペーンも最終日19日夜の盛り上がりが面白かった。
23:50から10分間だけでかなりの数が・・・しかも知人多し、みたいな(笑)

ともかく、みなさまのお陰である。ありがとう。

8/20 11:30
Amazonランキング
・和書総合 29位
・ビジネス・経済・キャリア 2位 > 経営学・キャリア・MBA  1位
・教育・学参・受験 1位 > 大学・大学院 1位


更に、すでに何カ所か、誤字脱字の指摘も頂いた。
深掘りなのに堀になっているとか。ありえない・・・
はやく重版にならんかな。そしたら直せるのに。
1  2  3

PAGE TOP