スマートフォン用の表示で見る

2010年2月11日

講演3連戦:その2 福井県立図書館

1400から1530までの予定で、講演。
まあ、講演と言うより研修だけれど、100人弱の方々向けに、発想力をテーマにお話しし、また、考え手を動かし議論してもらった。 下は小学生、高校生から、上は70代の方まで、非常に幅広い層であったけれど、まあまあ上手く行ったのではないかなあ。 友人も何人か参加していたので、あとで感想を聞いた。 面白いのはひとりひとり、一番響いた点は違うと言うこと。 やはりみな、自分なりの問題意識やコンテクストがあり、それを通じて研修内容を消化していくと言うことだ。 講演後、何名かの方から個別に質問を受け、お話しした。 勉強しろと言ってもなかなかせず、言わないでいたらやっぱりしない男の子2人を抱えたお母さん。でも本は大好きらしい。 東京で働いたあと福井に帰ってきて、次の就職を考えている若者。 今日の学びを仕事に活かそうと、意欲的なビジネスパーソン。 これまた、見事にばらばらの背景たち。でもその真剣さは共通する。 大したお答えなど出来るわけではないが、みなさんの学ぶ力に期待して、精一杯のお話をする。 ここは福井の学びの場の殿堂とも言える場所。 少しでも、みなさんの行動に繋がるきっかけが作れたなら、と思う。 終了後、藤島高校のミニ同窓会に参加。 プラス、PTA活動のお手伝いごとを相談。こりゃ、なかなか難しそうだ。 帰宅は2330。

PAGE TOP