スマートフォン用の表示で見る

2010年6月29日

MUJIの誕生と崩壊と再生と

まずはこちらの記事から。

無印良品(株式会社良品計画)には、結構 思い入れがある。 

ハカる考動学』でも実例を紹介しているが、実は、『crmマーケティング戦略』でも取り上げている。 

もちろん、もともと西友の一ブランドだった頃から知っていて、その栄枯盛衰を見てきた。 

英語のNon-branded goods(ノーブランド品)を、無印良品、と「直訳」したセンス。 
わけ あって、安い。いう秀逸なるコンセプト。 
シンプルなデザインと店舗スタイル。 
ad01.jpg

でも成功するにつれ、店舗は多様化しチェーン展開の基本である統一的オペレーションを無視した。 
ブランドとしての既存への反抗心が、一律の運営を拒んだのかも知れない。 
低価格をうたうことは出来なくなるなかで、その存在意義も無くなっていった。 

本当は、凄い力を持っているのに。 


2001年、社長についた松井忠三氏は、店舗フォーマットを統一し、マニュアルを整備し、ブランドコンセプトを明確にした。 

それはすなわち、既存の企画に合わない店舗を閉鎖し、新規事業から撤退し、不良在庫を焼き、商品を絞り込む、「捨てる」作業だっただろう。 

そして無印良品は、復活した。 


その後、良品計画がネットで始めた「共創型商品開発」は、そのさらなる進化の現れだった。 

顧客を巻き込み、その智恵をうまく借りて、良い商品を効率よく世の中に出していく。 
日用品で、そして、住宅で! 
ad08 (1).jpg  ad08.jpg

http://www.muji.net/ie/ 


これからも、注視していきたい。

2010年6月26日

『特別講義 コンサルタントの整理術』で書店さん回り

金曜日に、一挙10店13売場にお邪魔した。

【池袋】
実業之日本社の編集 石塚さんと、朝1030に池袋で待ち合わせて、
LIBROとジュンク堂さんに。
LIBROでは担当の方が不在だったが、あとで丁寧にフォローのメールをいただく。

【秋葉原】
それから有楽町線とJRで秋葉原に移動し、
有隣堂AKIBA店に。

こちらはヨドバシカメラの巨艦店の上にあるという変わり種。
ソフト系も多いが、ビジネス書もよく売れる。

【東京】
JRで東京に行って、丸善オアゾ店(本店)に。
担当の方がお昼だったので、歩いて日本橋店(旧本店)へ。

近いが流石に暑かった。
東京駅の地下街を利用して最短&最も涼しい経路を選ぶ。

オアゾ店に戻ってお話。
マーケティングの名著コーナーに「CRM」があって感激。

【新宿】
JRで新宿へ。ここには一杯ある。

まず紀伊國屋本店に。
ここでは3階のビジネス書売場だけでなく、1階新刊売場にも置いていただいていた。
藤巻さんのコミュニケーション学とお隣だ。

更に交渉の結果(笑)3階ビジネス書売場でも、MBAコーナーだけでなく、仕事術コーナーにも!

それからお向かいのジュンク堂新宿店へ。
このお店は、本の列べ方が面白い。テーマでの棚が多いのだ。安斎さんのセンスが光る。
「観想力」もいつもpushしていただいている。深謝。

それから炎天下を南口まで歩いて紀伊國屋の南口店へ。
ここでは担当の方がつかまらず、30分立ち読み(笑)

でも待った甲斐はあった。

駅に戻ってルミネ1の上に。Book1stだ。
ここは場所柄、女性客ばかり。ビジネス書も奥の方だったりする。

ここでも1時間近く待つ。仕方がないので書店ウォッチング。
デザイン系の本が多い。座るところがある。なんと隣のスタバの中でも座り読み可能!?

ここで編集さんと解散。

【渋谷】
帰り際、渋谷の駅地下から歩ける、Book1stに。
地下通路からの正面に、青い表紙が見えた!

こちらも毎回、お世話になっている。
ノーアポではあったが、担当の岩崎さんがいらっしゃった。

もう夕方なのでお店も混み始める。
ちょっとだけ立ち話で、また今度。


こんなのを、POPとして各店で配った。2種類ある。

POP_0002.jpg   POP_0003.jpg

下部の棒人間は、もちろん次女の作品。
二人で、デンマーク戦を見ながら作ったのだ(笑)

2010年6月24日

品川女子学院の「事業計画」

09_0611_001.jpg

事業計画と言っても、学校のではなく、文化祭におけるクラス別活動の、である。 

講堂に高校生全員が集まり、ほぼ全クラスの代表たちが、壇上で事業計画を「プレゼンテーション」 

事業としては、 
・品女オリジナルグッズの企画・販売 
・有名食品(カレーパンなど)の販売 
・その他 
がある。 

週末2日間で、5000人以上を集める文化祭「白ばら祭」。 
今年は9/18.19に行われるという。 

受験生やその親が来るので、品女オリジナルグッズなども2000個とか売れてしまうらしい。 
そうなると、その準備は大変なことで、制作会社との交渉に始まって、その生産管理や納品チェック、そして当日のオペレーションまで、膨大な作業となる。 

そして一昨日はその「事業計画」の発表会。 

ここで「投資家」たちから許可が出ないと、そのための必要資金(主に商品の仕入れ代)が、手に入らない。 

生徒たちはクラスごとに、数十時間もの準備をし、たった数分間のプレゼンテーションに臨む。 
生徒たち自身による運営・時間管理は厳格で、途中でも容赦なく打ち切られる。 

「ハイ時間です」「質問をお願いします」 

質問を投げかける「投資家」たちは、品女のOG大学生15名。 
彼女らの判断で、資金プールからの「出資」が決まる。 


事前に「事業計画」資料は配られているのだが、商品企画の説明から、事業推進体制(トップは社長)、自分たちのウリや、アンケートによる証拠付け、収支計画、さらには利益処分案まで。 

プレゼンテーションの内容で感心したのは 
・売れ残りリスクを定量化し、その対応を考えている 
・食品を扱うクラスは衛生管理や仕組みを徹底している 
・当日のオペレーションをすでにシミュレーションしている(何秒で何人捌けるかとか) 

ヘタな大人顔負けの内容であった。 

プレゼンテーション自体も、準備万端の気合いが入ったもの。 

「私たちはクラス一丸、すでに66時間もの時間を掛けてきました」 
「これからも準備に邁進します!」 
「必要投資額の出資、お願いします!!」 


企画の穴は、いくらでも指摘出来る。 
でも、大事なコトはほとんど押さえている、いいモノばかりであったと思う。 

感心したのはでも、企画内容で「その他」のところ。 
品女ブランドにも頼らず、有名食材にも頼らず、独自の価値提供を目指したクラスだ。 

よく決断したと思う。 

その灯りが、うまく輝くと、良いね。 


最後に、コメントする機会があったので1つだけお話しした。 
プレゼンテーションの内容はよいが、「伝え方」が、まだまだだと。 

・スピード : 速すぎる。初めて聞く人の身になろう 
・コミュニケーション : 相手の反応を見て話しかける 

そうそう、「笑顔で」というのも付け加えれば良かったな。 



正式名称は「起業体験プログラム
単なる一発型の授業にはない、本当の成長機会がここにはある。 

これからも、応援したい。

2010年6月21日

席替えにおけるクラス自治

今朝の朝日新聞朝刊 社会面でクラスの席替えが大きな記事になっていた。

小見出しには「学級運営の生命線」と。
淳心新教室.jpg

記事自体は先日の横浜私立清心女子での傷害事件の流れ。
(席が2回連続 隣になった女子高生が、相手を「友人の悪口をいった」とナイフで刺した。相手は意識不明の重体)

なのだが、ちょうど昨日、三女からクラスでの面白い席替え方法について聞いていたので、改めて勉強になった。


まずは記事内容から。

・失敗例:生徒に自由に席を選ばせたら、友だちのいない子がはっきりしてしまった

・私立女子校の例:中学の1学期、毎週2回(多分ランダムに)席替えをする。これにより友人を作る機会が増えて、イジメの際にもSOSを伝えやすくなる

・小山准教授(東京福祉大)の提唱:週1回、くじ引きで席替え。相性が悪くても1週間なら深刻にならない

・因みに、ベクターでは「席替えスロット」ソフトが月150~250回ダウンロードされているらしい
(特定の何人かの席を予め指定することも可)

いずれも納得できる方法である。


中一の三女のクラスは、もっと手が込んでいる。

席替えと言うよりは、クラス内での班構成と一体化した「クラス自治」の取り組みといってもいいかもしれない。

・まず無記名投票で「班長」を決める。(各人が男女3名ずつ、班長を推薦。それを集計して5人を選ぶ)

・班長が副班長を指名する

・班長・副班長と教員が、話し合って、班員を決める(これが一番タイヘン。くじ引きも使う...)

・班構成が決まったら、班ごとに席の場所を決め、その中で班長中心に各人の席を決める

・なお、決定内容は決して途中で口外してはならない、尋ねてもならない、というルールがある

議論にはもちろん常時、教員が関わるが、基本的には「代表者による議論で決める」という方式であり、大変面白い。
代表者たち10人にとっては、非常によい経験であろうし、その他の20名にとっても納得性が高い。

お互いのことが理解できた入学2ヶ月後の今頃やるというのも、良いタイミング。


後は席替え頻度かな。

班自体はこの後、学期単位くらいで維持されるよう。(議論に時間も掛かるしね)

ただ、席替え自体は毎月くらいで、ランダムにやってもいいかも。
班の中は毎週、とかね。


あれ、会社の場合って・・・どうなってたっけ? 
そんな自治は存在していなかったような・・・

2010年6月18日

落とし物。

お昼、渋谷で打ち合わせ。 
ビルを出たら、雨がぽつぽつ。 

二子玉川に着いて駅から歩き始めたら、さらに、ぼつぼつぼつぼつ・・・ 


高島屋の交差点を越えたあたりで、落とし物発見。 
ヒョウ柄の、髪ゴム?

周りを見るが、落とし主は分からず、拾ってガードに掛けておく。 


もうしばらく行くと、また落とし物。 

今度は赤ちゃんのクツ。片方。 
413HgM6m4yL._SL500_AA300_.jpg

すぐに拾うが、そんなには濡れていない。 
おそらくは落とされたばかり。 

周りを見るが、それらしき親子連れはいない。 


これも道路脇の、濡れにくそうな木陰において歩く。 


もう一つの交差点を越えマロニエコートの辺りでベビーカーのお母さん発見。 
まあ、二子玉川にはベビーカーのお母さん、は一杯いるのだけれど。 

ともかく、追い抜きざまに、赤ちゃんを見る。 
片方靴が脱げてないかな? 

残念ながら、両足とも脱げていた。否。裸足だった。 

7~9ヶ月児の男の子。 


無印良品の向こうの自転車置き場で自転車を拾い、走り始めたら、またさっきのお母さん。 

気になったので、もう一回、横から観察。
2秒。 

ん、ベビーカーの座面の下に、メッシュの荷物入れ...
そこにさっき見たベージュの靴が1つだけ見えた! 

間違いない。 


お母さんに話しかける。 
「クツを落としてませんか?」 

きょとんとする若いお母さん。 
ベビーカーの下をのぞき込んで「あっ」 

「向こうに落ちてましたよ」 

すぐにお礼を言って戻ろうとするお母さん(たち)。 


でも、落とした場所からはもう100メートル以上あったので、そこで待っていてもらい、取りに行く。 
雨中とは言え、自転車ならあっという間。 


待っていたお母さんに、クツを渡して、一件落着。 


よかったよかった。 

観察眼(一回目は見落としたが...)と、行動、だね。

2010年6月16日

6/18 『特別講義 コンサルタントの整理術』発刊!!!

6/18に実業之日本社から
という本が出る。
横.jpeg

私としては初めての「働き方のコツ」みたいな本だ。

Amazonで、新刊の情報をアップする新機能に障害が出たとかで、こんなギリギリの登場となった。
木か金曜日に配本なので、実際に書店さんに列ぶのは、おそらく今週末以降。
よろしくご愛顧のほど。

本の紹介

・仕事(や私事)を回すのに、細かな整理整頓はあまり関係ありません(少なくとも私はヘタ)。必要なのは適切な割り切りと、早めにやるコトじゃないかと思っています

・そのためには仕事をこだわり別に「分ける」、まずは上司に打ち返して「減らす」、並列化して「早めにやる」、そしてそれらを「習慣にする」

・もちろんただ打ち返していたらクビになっちゃうので、浮いた時間はまずは仕事にうまく再投資。特にあれとこれに!(詳しくは本を(笑))

基本的に私がコンサルタントとして働いていた経験からのことなので、どこまで汎用性があるか、検証はされていない。
ただ、周りの人の反応だと「家庭や人生一般でも役に立つ」感じ(笑)


そう、これは私の仕事スタイルであり、人生スタイルである。

といってもそんなに凄いことをやっているわけでもない。要は割り切りと、早めにやることだけだ。


さて最後に、おまけのお知らせを2つ。

1. 本の中には、クイズがひとつ、入っている。(P99)
「ドゥンカーのロウソク問題」と言うのだが、その答えは、後日このHP上でお伝えする。
この難問、何分で解けますか?(ネットで答えを探さないこと!(笑))

2. 本の帯について。
この本には、太い帯がかかっていて、それを外すとただのブルーのカバーが現れる形になっている。
ご覧の通り、帯には著者の写真が。これは、この『特別講義』シリーズの第一作『コミュニケーション学』から引き継がれたもの。その著者は藤巻幸夫さん。

いや、彼ならどーんと正面写真でいいのだけれど、私はそんな正面写真なんて...。横顔じゃダメ?
実業之日本社としては「やはり正面がわかりやすい」「メジャー感も出る」ということで正面を強く要望。

結局私がごね倒し、現在の横顔版に。
ちなみにこれが、幻の正面版。
正面.jpeg

こっちの方が良かったのに、と言う方は是非ご連絡を(笑)
増刷時、考慮されるかも...

2010年6月14日

はやぶさ さようなら Good-bye Hayabusa

昨晩、世界初のサンプルリターンを成し遂げた(たぶん)小惑星探査機 はやぶさ が還ってきた。
そして本体は、オーストラリア上空で、燃え尽きた。

最後に遺した映像が2つ。
img01.jpg
カプセル分離後に、姿勢を変えて、地球を撮したもの。(JAXA

111_starryhayabusa.jpg
燃え尽きた瞬間。左は天の川。(朝日新聞

NHK BS1の映像ではさらに、本体が爆発的に四散する様子や、でもカプセルが燃え尽きずに小さく光り続ける様子が見られる。


結局、はやぶさが旅した距離は60億kmという。

光の速度(秒速30万km)ですら、2万秒、つまり5時間半かかる距離だ。
時速1000kmのジェット機に乗りっぱなしで行くとすれば、なんと600年掛かる!

小惑星イトカワ上にいたときは、地球から3億km。
電波で操作しようとしても往復30分以上かかるのでリモートコントロールなど不可能。
「もう少し減速して」「いや、もうぶつかってますけど」
という会話をすることになる。

だから自動制御でがんばった。
サンプル採取は大成功とはならなかったけど、よくやった。
よく還ってきた。

JAXAのみなさん、ごくろうさま。
そして、はやぶさ、ごくろうさま。そして、さようなら。

2010年6月11日

「宇宙エレベーター」@放課後NPO アフタースクール

「宇宙エレベーター」を知っているだろうか。 
ひと言で言えば、地上から宇宙(静止衛星くらい)までのエレベーターを作って、それでスイッと宇宙に行っちゃおう、というものだ。 

出来てしまえば、宇宙旅行は格安となる。 
宇宙ステーションの建設や、宇宙船の建造も、ラクチンだ。 そもそも宇宙船が頑丈じゃなきゃいけないのは、宇宙を旅するためではなくて、地球から宇宙に出る(入る)ためである。そこがなくなれば、宇宙船の在り方も、劇的に変わる。

放課後NPO アフタースクールのメルマガを読んだら、なんとその宇宙エレベーターが、題材だったという。 
http://bit.ly/bQbBwa 

聞くのはもちろん小学1~3年生! 


宇宙エレベーターを理解するには、静止衛星はなぜ落ちてこないのか、とか、遠心力って何かとかを宇宙スケールで理解しなくてはいけない。 
それを実感させる工夫が必要なのだが、それがうまくできている感じ。 

因みに、私が「宇宙エレベーター」を知ったのはもちろんSF。 
アーサー・C・クラークの『楽園の泉』とチャールズ・シェフィールドの『星ぼしに架ける橋』が、そうだ。 
FountainsOfParadise.jpg  theweb.jpg

いずれも1979年に書かれたものだが、たまたまらしい。 
http://bit.ly/dq4Wuj 


日本語訳は『星々に架ける橋』The Web Between The Worlds が1982年。 
衝撃だった。 

リアリティのある、宇宙進出。 
重力の井戸(地球のこと)から抜け出さえすれば、そこには無限の世界が待っている!

2010年6月 9日

最近買ったCD。『EARTH』by 世界の終わりがイチバンかな

Folder.jpg『EARTH』世界の終わり
・娘sが録画したランキング番組を流していたら30位くらいで10秒「幻の命」が流れた。即、買い
・他にも「白昼の夢」「死の魔法」「虹色の戦争」などがGood。歌詞や歌っている情景が独特


disco_1271987058_f.jpg『僕の住んでいた街』くるり
・くるりのシングルCD22枚のカップリング曲集。大体全部持っているから、意味ないかな~、と思いつつ、つい


AlbumArt_{00000000-0000-0000-0000-000000000000}_Large.jpg『2010』clammbon(くらむぼん)
・ひさしぶりのアルバム。「ハレルトマヂカ」「あかり」が秀逸


AlbumArt_{331DDD4E-A0DF-4D3B-9335-66E5FA490CB3}_Large.jpg『シクロニシティーン』相対性理論
・彼女らの曲やアルバム名は、大抵 あそび言葉。アルバム名はもちろんシクロニシティとティーン
・なんだか不思議な曲ばかりなのだ


AlbumArt_{A49F62E6-9A69-4A60-B2FF-52A741605DA5}_Large.jpg『アワーミュージック』相対性理論&渋谷慶一郎
・マキシシングル。「スカイライダース」の編曲もので「sky riders」がよい


Folder - コピー.jpg『kikUUiki』サクナクション
・アルバム名は汽水域(河口域で、真水と塩水が共存する領域)ならぬ、汽空域。つまり、空と地が交わるところ? シングル曲の「アルクアラウンド」の他には、「アンダー」がなかなか。
・2枚買ってしまった・・・


『アルクアラウンド』サカナクション
・歩くとaround、ですな。「スプーンと汗」が小説的
・ジャケットデザインが衝撃的。著作権の関係で、本物はネット上にないはず
(と思ったら、紀伊國屋online Storeに発見!?)


Folder - happy.jpg『HAPPY』
mahonoryori.jpg『魔法の料理』BUMP OF CHICKEN
・いずれも最近出たシングル。HAPPYの「pinkie」がいいなあ
・HAPPYのおまけ曲、笑劇の結末・・・(変換ミスではありません)

2010年6月 8日

6/12.13 希望ヶ丘高校「記念祭」!

岩田先生の高3 総合学習。テーマは「オトハナ」 

大人と話そう、というやつで、面白い大人を連れてきては、話を聞き、問い、ランチをともにするものだ。

今日は私の番。「ほめる力」演習をやった。 

女史18名、男子6名の計24名。 
昨年、「決める力」を受けてもらった有志も、数名、混じっている。 
彼女・彼らは、学校祭の実行委員長を初めとした猛者でもある(笑) 

自己紹介から始まり、「ほめる力」へ。 

まずほめる対象は「iPod」 

2人一組で、相手のiPodをほめる練習をしてもらう。 
ほめるポイントを定めて、自分のと比べて、定量的具体的に良い差を述べる。 
かつ、そのポイントは、相手にとって重視する、ダイジなものであること。 

これを身につけるために、 
・勝手に誉める 
・ポイント別にほめる 
・相手にダイジなポイントを聞いてからほめる 
というステップを踏む。 

次は、「ヒト」をほめる。 
相手の性格を、同じ枠組みで、ほめる。 

・相手がダイジに思う性格を聞き、 
・そのポイントで相手の優れている面を、 
・自分のそれと比べて 
ほめる。 

最後が、チームで一人をほめる、だ。 


これらは抽象的に言えば、「主張には、重みと差が必要」と言うこと。 
しかも、その重みは、主に相手にとってのそれであり、そこに共通認識がなければ(これがダイジな点だよね、が揃わなければ)、まったく主張は通じず、況んや議論にもならない。 

都度都度、みんなに発表してもらったが、ちょっとずつ、ほめるのがうまくなっていった、気がする(笑)


おわりに、小中高校時代の話をした。 
「安易に調べず考えよう」と「習慣は第2の天性」てなてなことを。 

後半から参加した教育実習生の方は「もっと早く受けたかった」「お手伝い至上主義は将来子どもにやらせます」とか。 


90分の講義後、10名ほどが残ってランチ。 
さらに数名が残って、雑談。 

希望ヶ丘高校は今週末が「記念祭」 
手作りポスターを、二枚ももらった! 
1508611195_135.jpg
近隣の皆さん、是非、足をお運び下さい。 


行き帰りは東名から保土ヶ谷バイパス、厚木街道経由で片道なんと25分。 
電車だと90分近く掛かるから、1/3である。 
雨が降らなくて、よかった...
1  2

PAGE TOP