スマートフォン用の表示で見る

2011年7月 1日

執筆日記T2「伝える」と「伝わる」は違う

今は10月出版予定の「考え伝え議論する本」の原稿書きの季節なのだけれど、先週くらいから8月出版の『ペンギン、カフェをつくる』の校正作業等が本格化。
昨日もバリウム飲んだあと、再校ゲラと格闘していた(笑)

今回の原稿では「伝わる」ようにする、が最大のテーマ。
図だけ見ても内容が分かるように。
パッと読んでも言いたいことが伝わるように。

ステップを跳ばさず、でも冗長にならないように。
楽しくしっかり社会人初心者が学べる本にしようと思う。

『正しく決める力』のさらに入門版かなあ。10月にかんき出版から。


メディアでの紹介

今をときめく受験塾、SAPIXの機関誌で、『ルークの冒険』が紹介された!
1744452644_44.jpg
中学受験向けのもので、親が読む内容だと思うけれど、そこから関心を持ってもらえるといいねえ。
さて、受験ママ・パパたちに響くかな~~~。


他にはバリバリの子育て本である
President Baby
AERA with Kids
にほぼ同時に取材を受けて、記事になった。

President Babyは「兄弟揃って頭のいい子の家ではお父さんが強かった」という内容。
1744452644_7.jpg

お父さんが云々と言うよりは、「稼いでいるヒトが偉いのよ」ということをきちんと示していることかね、とも思う。

AERA with Kidsは「夏休みにはお手伝いをさせよう!!!」という分かりやすいお話で、14ページの大特集。お手伝い本の権威である辰巳さんたちと一緒に、コメントをいっぱい取り上げていただいている。
1744452644_139.jpg



今日も暑いね。でも部屋で終日作業の予定(笑)

PAGE TOP