スマートフォン用の表示で見る

2013年4月20日

新潟の日本自然環境専門学校で講義!

2010年7月に、福井で高校のPTA北信越大会が行われました。
参加者が1000人を軽く超えるイベントなのですが、そこでの講演をご縁に、4/20、新潟市の日本自然環境専門学校にお邪魔してきました。
「自然環境を保全する技術やエコ・エネルギー、屋上緑化、環境教育など人と自然にやさしい社会に必要な人材を育む」ための学校です。

校長の五十嵐実さんにお願いをして、午前中は教職員に、そして午後は生徒さんたちへの授業を設定してもらいました。
テーマは午前が「決める力と伝える力」、午後は「決める力と発想力」
特に午後は、実習場の「古民家」が会場でした。

komin_2.jpg

2013-04-20 14.09.19.jpg

2013-04-20 14.09.07.jpg

場所は駅南の弁天橋。移築された古民家だけでなく、園芸や木工、さまざまな実習が出来る広い実習場です。駅から車で数分(生徒さんたちは自転車で移動(笑))なのに、素晴らしい学習環境です。
生徒さんたちは真剣に、かつ明るく、演習に取り組んでいました~。

午前も午後も、充実した一日でありました。

ちなみに日帰りだったので、朝は530起き(T-T)
ただ東京駅で新幹線に乗る前、ホームの売店に入ったら、こんな駅弁が!

2013-04-20 06.56.09.jpg

2013-04-20 07.01.39.jpg

2013-04-20 07.06.24.jpg

中身がなんでも買うでしょ!!
持って帰った風呂敷?は三女がお弁当包みに使ったりしています。

2013-04-20 07.02.50.jpg

新潟はまだソメイヨシノが咲いていました。
東京とは3~4週間のズレだったでしょうか。田んぼの準備もじわじわ進んでいました。

2013-04-20 08.51.15.jpg




2013年4月19日

『経営戦略全史』、4/18先行販売のはじまりです~

昨日より、予告通り、東名5店での先行販売がはじまりました。

丸善丸の内本店
丸善本店0418 徳永.jpg
ふつうの四六判より大きいので、4冊列ぶと迫力です!
しかもよく見ると、右がダベンポートで上がハメル、左が楠木さんじゃないですか...。

紀伊國屋の新宿本店
紀伊國屋新宿本店0418.jpg
ビニールに包まれて、特別ディスプレイ!
中身チェック用の見本も完備。

三省堂有楽町店
三省堂有楽町店0418 0.jpg
昼過ぎに立ち寄ったら、たまたま知人とバッタリ。彼に撮ってもらいました(笑)
レジ向かいの特等席にドーン! 有楽町店のみなさん、ありがとうございます (T-T)
で、下の藤田さんとは同郷です。

こちらは三省堂名古屋高島屋店です。
三省堂名古屋高島屋店0418.jpg

ジュンク堂名古屋店
ジュンク堂名駅店0418.jpg
そしてジュンク堂ではこんな独創的な平積みに・・・
あ、うそうそ。これは仮の姿です。ほんとはこんな感じ。

ジュンク堂名駅店0418 2.jpg

友人・知人が各地から、こんな感じでレポートしてくれました m(__)m

一般店頭及びネット書店(Amazonなど)での販売は4/27~29ですが、お早めにお手に取りたい方はこの5店へどうぞ。

また、初版本にはKIT虎ノ門大学院で行われる「購入者限定セミナー」の申し込みチケットがついています。
2013-04-19 22.42.53.jpg

ただセミナー自体への申し込みはこのチケットがなくともできますので、こちらもお早めに。
①5月16日(木)19:00 - 20:30
②5月25日(土)10:00 - 11:30

さあ、これからしばらくはドキドキの日が続きます。
多くのみなさんに手にとってもらえますように。

2013年4月12日

音の力。MediaMonkey、WASAPI排他モード

また1つ、音楽再生の階梯を上がった気がする。
今回はコストゼロで。

もともと書斎では、DENONのミニコンポで音楽を聴いていた。
CDを買って、PCに入れて、ミニコンポで再生。それで十分便利で満足だった。マンション2階の5畳半だったしね。

ある日、ダイヤトーンのおっきなスピーカーが2本、お下がりでやってきた。
1本42kgの巨大スピーカーである。

DS-2000HR.JPG

そのまま素直に、ミニコンポにつないで聴いていた。やっぱりスピーカーは大きいのがいいねと思った。格段にいい音になったと感じていた。

それから数年後、アンプが壊れてしまい、買い換えを考えた。
気になってこのスピーカーの素性を調べたら、なんとビックリ、ダイアトーンの往年のフラッグシップ機 DIATONE DS-2000HR だった。
定価で1本20万円・・・。2本で40万円を4万円のアンプで鳴らしていたのであったorz

困ったときの価格コム。オーディオ板を読み込むと、最低これくらいのアンプは必要、とあった。素直にそのうちの1つを買った。
Soul Noteのda1.0である。

da1_0.jpg

感動した。MP3の音ってこんなに凄いのかと。
本当に歌手がそこにいる。楽器のひとつひとつが、動いている。低音は位置が定まらないなんて誰が言った?
ゾクゾクした。

それならばとCDからMP3への変換レートを128kbpsから256kbpsに上げてみたりした。
これも音の深みが増した。高音が素直に出るようになったからだろう。

それからまた数年経って今度は、Windows7付属の、WMP12がおかしくなった。
新しい曲を取り込めない。取り込んでもライブラリーに認識できない。ライブラリーを再構築しても、すぐ元に戻ってしまう。

困ったなと思って他の選択肢があるのかMusic Playerで検索したら「MediaMonkey」や「foobar2000」が良さそうと、やっぱり価格コムのオーディオ仙人たちが教えてくれた
しかも、Windowsの音声機能をバイパスするWASAPI排他モードを使えると。

そう言えば、少しでもPCによる音楽再生音質を良くしようと、ONKYOのサウンドボードを付けたり、USB経由のSound Blaster Digital Music Premium HDを使ったりしてる。

pdt_19829.png.png

それらを調べていたときに、そんなモードのことを聞いたことがあったなあ...。WASAPI排他モード。よくわからなくて放置してしまったけれど。

とりあえず使いやすそうだった、MediaMonkeyの無料版をダウンロードし、セットアップの途中でWASAPI排他モードにした。
ネット上のNASにあるMP3ライブラリーを指定し、その取り込みを待っていたら・・・その速いことにビックリ。WMPだったら30分以上かかるのに、ものの数分で7779曲の取り込みを終了した。

で、鳴らしてみたらまたビックリ。
音が全然違う!!!!ほんとに!!!!

monkey-logo.png
うきーっ

MediaMonkeyのデータの整理やら、使い勝手を試しながら、夜中だけどいろいろな曲を大音量でじっくり聞き込んでしまった。

東京事変の『落日』も、Yuiの『TOKYO』も、RADWIMPSの『シザースタンド』も、BUMP OF CHICKENの『ギルド』も、10-FEETの『RIVER』も、2CELLOSの『Viva La Vida』も、Corneliusの『MUSIC』も、BRAHMANの『SWAY tucchi remix』も、音がひとつひとつ光り輝いている

Windowsでは7からこのWASAPI排他モードが備わったらしい。ありがたいことだ。
それを受け止める機器さえあれば、「音源」はこんなにも、その潜在能力を羽ばたかせる。
パソコンだからと簡単に妥協していたが、デジタル音源で、デジタル機器だからこそ、やれることはいっぱいあったわけだ。

ちょっとこの感動を伝えたくて、長文となりました。

音ってスゴイや。ゾクゾクする。テンション上がる。


2013年4月10日

『経営戦略全史』刊行前セミナー、大盛況!

4/9夜、平河町のディスカヴァー・トゥエンティワン本社で、『経営戦略全史』刊行前セミナーを行いました。アカデミーヒルズとディスカヴァーの共催で、会場入り口では「刊行前」の本が、先行販売されました。

DSCF7647.JPG

会場にはいっぱいのヒトヒトヒト。そうほとんどが男性。
「戦略」ってやっぱり男のイメージなんでしょうか・・・
そんなことにはめげず(笑)、講演のスタートです。

DSCF7639.JPG

そうそう、これは有料セミナーでもあったので、参加者には「年表の巻物」を配りしました。

2013-04-19 10.45.34.jpg

100年×100人を網羅したレア品です。本を書く前に3週間かけて調査・構想がてらにつくったもの。それをディスカヴァーさんに横84㎝のカラー印刷をお願いしちゃいました!
講演は80分ほど。

DSCF7646.JPG

最後、質疑を少しだけして終わりましたが、その後も会場では、いろいろなご質問やお話しを伺いました。まだまだ改良の余地もあると感じましたが、有意義な会であったと思います。
アンケートでは「大変満足した」が5割ちょっと、でしたね。

講演前と後、合わせて40冊弱の『経営戦略全史』が買われていきました。
当日の午後に、凸版印刷から運び込まれた、できたてほやほやの本です。
ただし、カバーは間に合いませんでしたが・・・・

なので「本体のみ販売」「カバーは後で郵送」という空前絶後の販売方法をとりました。それでも、半数近くの方に買っていただけたのは、本当に嬉しいことでした。

DSCF7647M.jpg

これですよこれ!

2013-04-09 22.15.15.jpg

ちなみに中身はこんな感じです。
ここは「架空対談」の様子。長崎訓子さんがイラストを描いてくださいました。
経営戦略論の巨人たちが、架空の対談を繰り広げています。

2013-04-09 22.15.31.jpg

こっちは本文。
吉岡秀典さんらしい、思い切ったレイアウトです。でも同時に、とても読みやすく、わかりやすくなっています。さっきの表紙デザインも、「カバーを外して持つヒトが多いから」ということで、思い切りシンプルにクールに仕上げられたもの。

2013-04-09 22.16.31.jpg

そしてこうやって、所々で通説にケンカを売ったりもしています(笑)

書店での販売は4/27から。Amazonも同じ。

ただし、東名の以下5店では、4/18から先行販売されますので、お急ぎの方はそちらへ~。
◎丸善 丸の内本店(オアゾ)
◎三省堂書店 有楽町店
◎紀伊國屋書店 新宿本店 3F
◎三省堂書店 名古屋高島屋店
◎ジュンク堂書店 名古屋店

ああ早く、読まれた方からの感想を、伺いたいものです。
ドキドキ(O_O)

2013年4月 6日

『経営戦略全史』4/27刊行。東名5店で4/18から先行販売!

Amazonでも予約が始まりましたが、いよいよ『経営戦略全史』の発売日が決まりました。
4/27〔土〕です。前日には書店さんに着いていると思いますが、あと3週間となりました。

Amazonへのリンクはこちら、ですが、一刻も早く手に入れたい!という方(^_^)v は次の東名5店で4/18から先行販売されますので、お出かけください。

◎丸善 丸の内本店(オアゾ)
◎三省堂書店 有楽町店
◎紀伊國屋書店 新宿本店3F
◎三省堂書店 名古屋高島屋店
◎ジュンク堂書店 名古屋店

いずれも地域で一二を争う有力店。ドキドキしますねえ。

吉岡秀典さんによるカバーデザインはこんな感じです。でも実物は、もっともっと質感があって、細い箔押しもしてあって、良い感じですよ~。

cover obi01.jpg

英語で「50 Giants of Strategy」とありますが、見出しレベルでちゃんと取り上げているのが、約50名。登場人物としては優に100名を超えます。
おおよそ20世紀初頭から現在までの100年余を対象としましたが、そこで経営戦略論を語るのにはそれだけが(最低限)必要だったのです。

さまざまなプロモーション講演を行います。今決まっているのは、
・4/9  アカデミーヒルズ刊行前講演@d21(満席)
・4/26 グロービス東京校(クローズド)
・4/28 グロービス名古屋校(クローズド)
・5/16 KITセミナー@KIT虎ノ門(初版本購入者のみ)
・5/25 KITセミナー@KIT虎ノ門(初版本購入者のみ)

そうです。KITセミナー@KIT虎ノ門が狙い目です。初版本にだけ入っている「チケット」が申し込み及び入場に必要ですので、ご希望の方は是非、初版本をお買い求めください。

経営戦略はなぜ生まれたのか。誰が何のために経営を、そして経営戦略を創り上げたのでしょうか。
最新の経営戦略論は、どんな理論をベースにしているのでしょう。そしてそれはわれわれに何を求めているのでしょうか。

90分間の中で、そんなお話しをし、みなさんと議論が出来たらと思っています。
お楽しみに!!


1

PAGE TOP