スマートフォン用の表示で見る

2012年3月28日

OECD東北スクール 1st@いわき 初日

OECDが、東北の復興支援の一環として、「東北スクール」をスタートさせました。
http://bit.ly/GA3FZP

被災地の中高生約80人を集めて、合宿型のスクールと、週末の活動を2年半続けるもの。
2年半後の目標はなんと、「パリに行って東北をアピールする」ことなのです。さすがOECD。

何を、どう、アピールするのか、をこどもたち自らが考えるだけでなく、そこに行くための旅費調達も含めてのプロジェクトなのです。

さて、その第1回合宿の、初日(3/26)に参加してきました。
1030~1230のコマでの「発想力」「伝える力・決める力」の講師です。
朝5時半に起きて、電車でいわきへと向かいました。

初日はOECDや文科省等々のスピーチに始まり、池上彰さんによる子どもたちの自己紹介セッションが。
ひとり一人が抱負を述べ、それに彼がいろいろ指導をしていきます。どんどん上達する子どもたち。

でもちょっと?時間がオーバーしたので、私のセッションは、ランチを挟む形になりました。
午前は「発想力」演習、65分。
そして午後は「伝える力・決める力」演習、55分。

子どもたちは大いに盛り上がり、前方の事務局席におられた池上彰さんも大いに楽しまれ、そして海外からの講師陣も通訳を介してではありましたが、参加されました。
ああ、こんなことなら事前に英語版をつくっておけば良かったよ。

午後はまた池上彰さんによる「過去に学ぶ」授業。

DSC_0008.JPG

私も楽しく拝聴しました。

そして夕食。食堂でのビュッフェ形式です。
見ると少年がひとり、席に着き損ねてフラフラしているではありませんか。
「ふたりで食べようか」

地震のことも話しました。
いわきでは、4/11の余震での揺れが大きく、被害が多く出たこと。
彼の親戚のお寺が半壊したこと。
そして、彼の部屋でも自慢のガンプラが多数落下し被害を被ったこと(笑)

「ユニコーンガンダムのクシャトリヤってわかりますか?」
はい、とは言えませんでした。ビットがいっぱいあるやつかなあ、とは思ったが orz
(悔しかったので、帰宅後、チェック)
kshatriya.jpg

このときの会話が、この旅で一番楽しかったかな(笑)

その後もみんなのようすを観察しながら夜まで会場(いわき海浜自然の家)にいたら、翌日ワークショップをされる、磯崎道佳さんとお話しできました。

これまた刺激的で楽しい会話でした。
アーティストってスゴイや。

2人でいわき市に戻り(四ツ倉駅までタクシーとばして一時間に1本の電車をぎりぎりでつかまえた(笑))ホテルに泊まって、私は翌朝東京に。
そうしたら午後、福島にいる友人からメールが。
「地元紙で紹介されているよ」と。

福島民友.JPG

アーティスト、ねえ(笑)ま、それもいいか。

2011年6月10日

執筆日記T1 「伝える」をテーマに

『ペンギン、カフェをつくる』のデザイン作業が進んでいる。 

ルークも登場するのでそのイラストとか、アサオさんとミナ子さんのイラストも~(笑)
図版とDTPは『ルークの冒険』や『ハカる考動学』でお世話になったムーブの新田由起子さんだ。

そしてデザインはデジカルの荻原弦一郎さん。
デザインされた『もしドラ』の大ヒットもあり、相当お忙しいようだが、どんなカバーになるのか、まことに楽しみである。 


そして、昨日から次の本へと始動開始である。 
まずは目次案から、なので詳細の予定はどうなるかわからないが、秋を目指して書いていく。 

テーマは『伝える』なのだが、もちろん池上彰さん流でもなく、養老孟司さん流でもない、私なりの「伝える」力を考えたい。 
で、内容もそうだが、表現形式をどうするのか・・・・。 

ターゲットはビジネス初心者、学生たちなので、わかりやすく。 
いや、きっとわかりやすいだけでは足りない。もっと面白さや、刺激が必要だ。 

流石にマンガは書けないが、う~~~ん。 


閑話休題:『海皇紀』
 
kaiou1.JPG
全45巻、そろえた!川原正敏さんのものはみな好きだが、海皇紀はベストだ。 (修羅の門、もちろんいいんだけど・・・)
かぎりなく帆船の操船技術の話が出てくるし、それの素養は全くないのだが、実に面白い。 
近所の文教堂さんで5冊ずつ買っていたのだが、昨日で全巻そろった。 
次女も受験勉強の合間に読んでいるが「もっと書けば良いのにねえ」と言っていた。でも、完結まで10数年。これくらいが良いのでしょう。後は外伝、期待しよう~。

2011年6月 6日

戦略ゲーム

前回の日記と、つながりは、ない(笑)

英語で言うところの Strategy Game、日本語ではシミュレーションゲーム、かな。
もちろん、「電車でGo!」のことではない。それはシミュレーター。

「信長の野望」や「三國志」、もしくは「ファイナルファンタジータクティクス」のことである。

ここ半年くらい地道にやっていたのは「クリスタルディフェンダーズ」
PS3版とiPad版の両方を持っている。
2a974c88fb6646c5a2d377e0b6fc6fd2.jpg

スクウェア・エニックスの小品で、ファイナルファンタジーの世界観を元に、クリスタルを守るべく戦うもの。
守ると言っても、要は押し寄せる敵を、倒すだけなのだが、出来ることが限られていて、面白い。

出来るのは、どこに自軍の兵を置くか、と、溜まった経験値を誰に振り分けてレベルアップさせるかだけ。
自軍の兵は、ソルジャー、モンク、弓兵、魔法使い、シーフ(泥棒)などに分かれ、おのおの得意不得意がある。

これが、絶妙な組み合わせで、絶妙な場所に置いて、絶妙な資源配分をすると、驚くほど強くなるだ。まさに異能の組み合わせと資源配分という「戦略」の極致。
mzl.sucvtkjf.480x480-75.jpg

全12面を、何ヶ月も掛けてクリアした。
その後また何ヶ月も掛けて、全面をパーフェクトクリア(クリスタルを1つも失わずにクリア)した。
そして最後の?挑戦が、ノーシーフクリアである。

泥棒の近くで敵を倒すと経験値が多く溜まる。それを利用せずにクリアするものだ。
言うと簡単だが、これが超絶的に難しい。

もう3ヶ月間、試行錯誤を続けているのであった(笑)


そして昨日、弟が悪魔のささやき。
「似たので三國志版もあるよ」

早速、無料のLite版を今日、やってしまった。数時間も掛けて。
その上、フルバージョンを、買ってしまった。450円出して。

普通、難しい、に加えて、地獄、というレベルもあるこの「三国TD」
クリスタルディフェンダーズのパクリものであるが、よく出来ている。
mzl.uhvpjueu.320x480-75.jpg

ささっとクリアできる代物か、それとも・・・。


ストラテジーゲーム、それはヒトの戦略性を鍛えるもの。
そして、自制心を鍛えるものく(だいたい負けるけど・・・)。

2010年10月 1日

久しぶりに・・・。

珍しく、土曜の夜に一人お留守番だった。 

みな、次女の文化祭とくっつけて、お食事に。 
(食事後、広尾から渋谷まで歩いたらしい。歌を大声で歌いながらだったらすぐだったと三女&次女) 


久しぶりに、一人で家でビールを飲んだ。 

まあ、一人でも5人でも、あんまり飲むことはない。週に一回弱。 
(ビールのついでにワインもとかも、しない。弱いので) 


珍しく、ビール後にゲームをやった。 

反射神経の要らないやつを、ひとくさり。と思ったが、クリアできず悔しかったので3時間ほど・・・ 
(正確には1時間かけてクリア後、もう2時間新しいチャレンジを・・・) 


というわけで、昼はKIT虎ノ門、夕方はお留守番、夜はゲームで、『ルークの冒険』は進まず。 
あと、第6章と第7章の、数枚を、残すのみなので、じっくりとね。 
(決して、言い訳ではない・・・) 



ゲームの名は、クリスタル・ディフェンダーズ。 
なんとiPad/iPod版もあることを発見。ショック・・・
mzl.ershaljw.480x480-75.jpg

(早速買って、やってしまった。900円。おもしろすぎ・・・)

2010年7月30日

3D、クアトロン参上。おまけにPS3デビュー

いつかフルハイビジョンにしようと思いながら早 4年。

クアトロンに惹かれて シャープのLC-52LV3を購入。
ついでに「白」が出たので遅ればせながらPS3も。

それが思っていたよりも早く、昨夕、届いた。

で、接続と設定にたっぷり2時間。
でも頑張ったお陰で、配線がものスゴくすっきりした。 

いやまあ、配線のことはどうでも良くて問題は
・3D
・クアトロン
・PS3
・トルネ
のことである。

まずはクアトロン。
52型だがこれまでも45型だったので、大きさとしての差はそれほどでもない。デザインがすっきりしているし。

でも、色の鮮やかさの差は圧倒的。
黄色系統はほんとうにキレイ。これだけでリアリティが変わる。
これだけで満足(笑)


さて3D。
何せソフトがないので評価のしようがない。
TVに入っている「サンプル画像」も超しょぼいし。

と思っていたら、PS3の@Storeで3Dゲームの体験版を見つけた。
WipEout HDってやつだ。
とにもかくにも、ダウンロードしてみる。

今度は3Dメガネがちゃんと動かない・・・
よくよく調べていたら、TVの下部にある赤外線発信部を、ホームシアターセットのフロントスピーカーで隠していたことを発見!ふ~

そして、WipEout HD。
なかなかのもの。これは楽しいや。少なくとも、ゲームには役立つね。
酔いそうだから、短時間じゃないとダメだけど。
これでFFを数時間やったら死んじゃう。


最後に弟推奨の「トルネ」
簡単な地デジチューナーがついていてソフトをインストールすると、テレビ(地デジのみ)の録画が出来るようになる。

これがまた楽しい。
昔、PSXでテレビを録画していたときも楽しかったが、この操作感と美しさがたまらない(笑)
2TバイトのHDDも接続したので、300時間分の録画が可能。

で、結局、こうなった。
DSC01533mini.JPG → DSC01540mini.JPG

箱から出したり台に置くときにはさすがに一人ではムリで、次女に手伝ってもらった。スタンド別でも25.5kgだからねえ。

ん、でもなんか腰が痛いような...
1  2  3  4

PAGE TOP