スマートフォン用の表示で見る

2009年1月30日

最強の読み手たち

そうだった。

本の最強の読み手は、出版社の編集者たちだった。

だから本を出すと(内容さえよければ)結構、彼・彼女らからお声がかかる。

この1週間だけでも、4件。
・本の企画の方向性の議論
・具体的な本の執筆依頼
・記事の取材依頼
・本の紹介取材
などなど。


でも、本なんてそんなに書けませんよ。
ムリ。


ただ、声を掛けてもらったのにモッタイナイ・・・
と、新人作家は悩むのだった。

PAGE TOP