スマートフォン用の表示で見る

2009年11月21日

おかえり松中生(まっちゅうせい)

9:15集合で12名の卒業生が講師として集まった 
母校、永平寺町立松岡中学校の45才になった卒業生による「ようこそ先輩」イベントだ 

ここまでの準備をしてくれた事務局の友人たちこそ誉められるべきだが、それを引き出すのは我々講師の責でもある 

30年ぶりに会う友人もいて、本当はそいつらの話を聞く側に回りたい 
まあそうも行かず、発想力、紙コップ演習を24人の生徒たちにぶちかます 

新型インフルエンザが流行中ということで全員マスク姿なのが違和感があるが、そんなことは関係ない! 
バシバシすすめる 

反応してきらきら光るいくつもの目 

教室後方に陣取った私の同級生数名の目も光る 

最後に伝えたのは、私が中一のときに決めたこと 
ひとつは「まっすぐ歩く」こと 
もうひとつは「新聞を2紙読むこと」 

いずれも今の私を作り上げたヒミツの修業なのだが... 

午後は公民館で同窓会 

5時間近く、仲間たちとワイワイ、がやがや 
5年ぶりのヒト、15年ぶりのヒト、30年ぶりのヒト 

過去を語り、今と未来を語る 
楽しいねえ 


一次会で辞して今、大阪に移動中 
明日はグロービス

PAGE TOP