スマートフォン用の表示で見る

2010年3月18日

県立横須賀高校「生涯構想」発表会

2年生のあるクラス、37名全員の発表を、2時間強掛けて聞いた。 もともとは「全員分を聞いてから講評と講話」ということであったが、私らしい価値提供、ということで「プレゼンテーション」へのひと言、を各人にその場でfeedbackすることにした。 みんな急に緊張感が上がる(笑) 面白かったのは ・運動部の人たちは声が良いし物怖じしない ・原稿に頼らずスピーチできる人も数名いた こと。 同時に何名かは、全く一年間のキャリア学習・調査をやらなかったのね、という人も居た。 その中でも、話や作文は出来て場をもたせることが出来る人も。 その人たちには 「う~~ん、しゃべりは良いけど内容は、無いよね」 と指摘。 本人たちも分かっていることだから、苦笑しながらうなずいていた(笑) もうひとつ目立ったのは、時系列的記述。 要は日記風のヤツだ。 まずこれをして、つぎにこれをしました。そして最後にはこう思いました。おしまい。 これは、再構成力と努力の問題かな。 ただ、大部分の人は、この一年の活動によって、多くのことを得たようだ。 ・自分の好き嫌いややりたいことの理解 ・好き嫌いを超えたシゴトの意味 ・生涯構想を考えるためのアプローチ作り 自由度の高いテーマからは、皆は勝手に学んでくれる。いいことだ。 最後に「講話」としてkeynoteで30分ほどお話。 ・目的意識をもつことの大切さ。ただ座っていることの無意味さ ・シゴトとは「業種x職能」てで区切られたツブツブである。ゆえに専門的能力が必要で、これは早めに将来を見定めたヤツが強い ・同時にシゴトには普遍的能力が必要とされる。コミュニケーション緑野発想力や決める力など。ビジョンが決まらないならこれだけで勝負するしかない ・しかしその力はいつどこでも磨ける。まずは「問題が分からなくてもすぐ答の頁を見ない」から出来る などなど。 その他 行き帰り、第三京浜、横浜新道、横浜横須賀道路経由で、50分弱。 衣笠ICから学校までがちょっと迷ったが、余裕で到着。 横須賀高校が提携する、文教大学、横浜国立大学からの方々が半分。一般社会人が半分、の布陣であった。 全発表者に対して、全員がいくつかの評価やコメントを書く、という方式も面白かった。 文教大学の指導によるものだろうか。今度、担当の中條さんとお話しするつもり。 で家に帰ってからは、Jの原稿修正中・・・

PAGE TOP