スマートフォン用の表示で見る

2011年7月29日

7/28芦花小で低学年向けに『科学教室 ルークの冒険』を実施!

ついに7/28、世田谷区立芦花小学校で、低学年向けの「科学教室」授業を行った。

(芦花小HP その1その2その3その4その5その6

応募人数が多かったので、900~1030で40名、1100~1230で40名、プラス保護者10数名の参加。
家庭科室で5人ずつの8グループ。
構成は1年生が半分、2、3年が残りの半分ずつ、である。

90分で
・イロのフシギ
・ミューラー・リヤの逆襲
・円柱を探せ
・紙コップ、トップカールの意味
・ボールの衝突
・最後の大実験、空気の重さ(ジャイアントバルーン)
を一気にやる。

最後の大実験、は場所を変え、広い場所で直径2m近くのジャイアントバルーンを子どもたちにぶつける、というもの。
全員ひとりひとりにぶつけていくのだが、これが、一番ウケた(笑)
roka6.jpg

運営上工夫したのは、各テーブルをチームにして、バラバラに座らせた3年生を「リーダー」に任命したこと。立っての自己紹介もしてもらった。

あとはすべて、3年生主体で回したのであった。
2年生が「リーダーだけやって私たちにはやらせてくれないんです」と訴えてきたこともあったけれど、ま、なんとか。


途中何回も、フシギの見つけ方、を復唱してもらう。

・座って悩ままず動いて考える
・動くって、きる、かさねる、はなす、はかる、くらべる、こと!


90分休み無しの授業。
脱落者無く、最後は副校長先生に促されて「ありがとうございました~」で終了。

去年6年生として「ルークの冒険」授業をうけた沖田クンが手伝ってくれた。
主催の芦花小ボランティア団体 あしか隊のみなさんもしっかりサポートしていただき感謝。


発見!
1年生は家庭科室にたどり着けない(使ったことがないし、3階にほとんどこないから)
・1年生は、ワークシートに最初に名前を書くだけで一苦労(笑)

・3年生でも「紙を6つに切って」がうまくできなかったりする
・でも3年生は高学年に混じるとついていくだけだが、1.2年生とだと中核になれる
・つまり、3年生がいれば低学年だけでも「ルークの冒険」授業は成立する

すごい発見をした子が、1人いた。気が弱そうな2年生の男の子。授業の後にそっと教えに来てくれた

2011年7月27日

生き残るための「小さい作戦」

という記事があった。小笠原の体長2mmのノミガイだ。
殻の口に膜を張って・・・という防御手段もとるのだが、要は極端に小さいから可能なのだ。
これで生息圏も広がっていく。

小さいことには、緊急時、大きな価値がある。 

恐竜を含め多くの種が絶滅したKT境界の大絶滅。哺乳類は生き残った。小さくて少ない食糧でも数を保って繁殖できたから。 

ミジンコだって、敵がいないと大型ミジンコが強いが、プランクトン食の魚がいると小型ミジンコが栄える。小さくて敵に見えないから。 


SFの「青い紐」を思い出した。
 
pai.jpg

なんと人類を約1/3に縮小して危機を乗り切ろうというものだ。 
名づけて「π-1プロジェクト」(πのマイナス一乗、つまり1/π) 

大きさがπ分の1だと、体積・質量で30分の1になる。大人で体重2kg。 
必要な食糧も、スペースも、大幅に減る。 

そうすればこの地球上に100億人の人類を収用できるはず。 


これは1978年の作品で、中学の頃、図書館に入れてもらって読んだのだけれど、とっても面白かったのを覚えている。 
そしてそれが今、洒落にならない時代が来ている。 

車だけでなく、ウォークマンだけでなく、ヒトそのものを・・・

2011年7月26日

執筆日記T6:8/1Facebookファンページリリース予定!やってみないとワカラナイ、ので、やってみる。

『伝える技術(仮)』の原稿が9割方できたと思う。

ここ1週間は主に4コママンガ作成だったが、それも一応全部できた。
ほぼ頭から書き下ろしで書けたことは、ちょっとEpoch makingなのであった。

まだ、テーマ次第で書けそうな気がしてきた(笑)

それはともかく、今、困っているのは『ペンギン、カフェをつくる』の方である。
8/11配本を目指して、校正をし、パラパラマンガをつくり、カバー案を出し、等々してきた。

先週校了し配本は多分予定通り大丈夫。
しかし、ばたばたしていたせいで、プロモーションミックスがまったく足りない。

・講演などのイベント
・雑誌等への寄稿、取材
・HPでのキャンペーン
・などなど

しかも「観想力」のライト版という位置づけもあるのに、「観想力」がAmazonでは品切れ。まったくモウ。

今現在、できる限りのことをやっているが、今回は知人らの強力な協力もあり新機軸でやってみようと思っている。
それがFacebookのファンページ、だ。
fb_welcom_B.jpg(これはデザイン案の1つ~)

トモダチやフォロワーが
mixi             200人
Facebook   600人
Twitter       2300人
という状況の中で、Facebookのファンページを立ち上げて、なんぼのことができるのか。
やってみないとワカラナイ、ので、やってみる。

今回の「ペンギン、カフェをつくる」だけでなく、次以降の本のための「三谷宏治著作ファンサイト」になればいいな。
8/1リリースに向けて、頑張ってマス。ご期待ください~。

2011年7月22日

2CELLOS

数週間前、娘たちがYouTubeで見せてくれた。まさにAmazing Performance!
即日発注した。

昨日届いたのが、12曲を収めた『2CELLOS』
61UWctRZVSL._SL500_AA300_.jpg

2人の青年による、2台のCELLOの競演。
圧倒的な情熱と迫力。

すごいなー。

演奏の途中でどんどん、弓の毛が切れていく。
もちろん構いもせず、弾き続ける。そう、まるで弾むように。

「途中で破れても良いから、パンパンに張ってくれ!」
と注文していた津軽三味線の名手のことを、思い出した。
究極の音のためなら、一夜で三味線の皮が尽きても構わないと。



輸入版がAmazonだと991円。安すぎ・・・
http://amzn.to/ql6uDX

2011年7月21日

執筆日記T5:4コママンガ作成中

『決める技術(仮)』の原稿も、山を越え・・・・次の大山に向かっている。
4コママンガ作成である。

中身の復習用に、各章の終わりにつけようと思ったまでは良いが、マンガなど書いたことがない。
好きでよく読むが、4コママンガはそれほど多くはない。

・アズマンガ大王
・ぼのぼの

は8コマだったりもっとだったり。
なのでとりあえず自分の感覚だけで書いてみている。しかもいきなりパワーポイント、という邪道(笑)

4コマ1-1.jpg

とか

4コマ1-2.jpg

とか。

どうでしょうね~。
ということであと一週間くらいはマンガ家生活。

2011年7月18日

7/27芦花小サマーワークショップ 1~3年が87名!の予定

7/28に行う芦花小学校でのサマーワークショップ。 
「科学教室 ルークの冒険」という。 

ボランティア団体である「あしか隊」(芦花の読み替え)が主催されているのだが、隊長さんから 
「低学年向けが例年少なくて~」と言われて、 

「では、1~3年限定コースとしましょう。人数制限無しで!」 
と安請け合いした。未経験なのにね。 

先日、隊長さんから電話があって 
「応募が87名もいます。午前中に2回、できませんか?」 

「では、90分x2で!」 
と即答。大人も十数名いるそうな。 


それにしても、半分が1年生というこの集団をナントカできるのか。 
これまでの技を駆使するとともに、最大限の想像力を働かせて企画しよう。 

5~6人でまとめれば各チームに1人ずつ3年生がいるはずなので、彼・彼女らを最大限活用する予定。 
さてさて、どうなるやら。 


そうしたら、私のファンである芦花小OB(芦花中1年)のオキタくんからメールが。 
「妹と母親が出席します」 

あ、妹さんが何年生か、聞くの忘れたや。

2011年7月17日

KIT虎ノ門大学院、2012年度版パンフレット完成!

5484447_1218942266_92large.jpg 5484447_1218943322_59large.jpg

なかなか、美しい(笑)

中身もすごいが。来期の目玉は
・グロービスとの単位互換(10単位まで)
・メディア&エンタテインメントコースの新設
かな。
日曜開講も決まり、週末だけでも修了可能なコースになった。

ますますエキサイティングなKIT虎ノ門大学院 ビジネスアーキテクト専攻と、知的創造システム専攻。

実務力を伸ばす、最高のビジネススクールに。

2011年7月16日

池井戸潤さん、直木賞受賞 おめでとう~~~

直木賞に池井戸潤さん「下町ロケット」 八百津町出身(岐阜新聞webから)
http://bit.ly/oKUQ03

そうそう、この写真は雰囲気を表している。
 
201107141948_14403.jpg

カミぼさぼさで、Tシャツで(笑) 

受賞作『下町ロケット』(小学館)が、いきなり在庫切れは痛いけれど、まあ仕方がない。 
そして、他の『空飛ぶタイヤ』や『鉄の骨』や『果つる底なき』もぞくぞく品切れに。 

でも、講談社は増刷分、直木賞バージョンのオビを掛けてくれるらしい。 
なかなか商魂たくましくて良いね。小学館も、見習おう(笑) 


今日締め切りのエッセイの執筆依頼が4つ、舞い込んだりしててんてこ舞いらしいが、ま、頑張るしかないね。
 
他の〆切りも、待ってはくれないし~。

ともかく、おめでとう。

2011年7月15日

執筆日記T4:ばたばた、ぎゅーん

ちょっとばたばたしている 

『ペンギン、カフェをつくる』 
・三校ゲラの修正 
・カバー案のチェックと、再提案 
・パラパラマンガ(!)のチェック 

そう、なんと『ペンカフェ』にはパラパラマンガがついている。 
120枚のイラストを描いてもらっているのだが、結構押している。 
そしてそのデータがさっき、photoshopのpsdファイルで送られてきた。 
レイヤーで書いているのだが、Freeのviewerではその動きが再生できない。 
てな感じで、困っていたが、photoshopの体験版を導入することで、解決。
 

en1.gif

来週校了予定・・・ 


『伝える技術(仮)』 
・原稿書き 

これはもう、ひたすらに(笑) 
結構順調。4万文字突破。でもまだ半分なのか!? 
初稿まであと2週間なんだけど・・・ 


KIT虎ノ門大学院 
・6月から第2期。『戦略思考特論』。90分を8回。 

グロービス 
・大阪校で7月から隔週で『イノベイティブ・ストラテジー』 

早稲田大学ビジネススクール 
・昨日から『ビジネス思考』、3時間を4週連続 


ここからぎゅーんと、加速していきたいところ。

2011年7月12日

靴屋の夢 ~月と地球と小天体

月は地球から、徐々に離れて行っている。その距離、年4cm。

笑っちゃうくらい小さいが、10億年を掛けるとどうだろうか。 

4cm x 10億 = 40 億cm = 4000万m = 4万km 

これは結構な数字である。 
月が地球の衛星となったのは45億年前だから、単純に掛ければ18万km。 
今の、月・地球間 38万kmの半分だ。 

月が生まれた頃、月は今よりずっとずっと地球に近かったのだ。 

実際には半分どころじゃなくて、2万kmくらいのところからスタートしたらしい。 
今の、20分の1の距離だ。 

と、いうことは巾が20倍で面積が400倍の月が、45億年前の地球の空には浮かんでいたのだよ。
 
moon.jpg

こりゃ、びっくり。 


小惑星や彗星が地球に衝突する危険を訴え続けていた、ユージン・シューメーカー。 
彼らがたまたま見つけたシューメーカー・レヴィ第9彗星が1994年、木星に激突して高さ2000kmのキノコ雲と、地球サイズの衝突痕を残したことで、彼の夢は叶った。 

地球近傍の小天体を発見・追跡するシステムが地球規模で整備されたのだ。 

その翌年、交通事故死した彼は、人類史上初めてその遺灰が月に送られた。 
月葬だ。 

月の上を歩くのが、もうひとつの彼の夢だったから。
1  2

PAGE TOP