スマートフォン用の表示で見る

2012年7月27日

三女と自転車2:GIANT直営店にて

銀輪の巨人を読んでいる。 

51J1raYgKiL._SL500_.jpg

台湾の自転車メーカー、GIANTの物語である。 
正式社名は、巨大機械工業。台湾の片隅で、38名の社員で立ち上げたときからこの名前だ。 

そして40年後の今、安かろう悪かろうのイメージを覆して、世界最大の自転車メーカーとなった。 

本には知らなかったことがいっぱい書いてあった。 
OEMから始まって、途中から自社ブランドを立ち上げたこと。 
製品単価を低価格から中価格帯へ、どんどん上げていったこと。 
サービス品質を維持するため、量販店では売らないこと。 

私の地元、二子玉川にはそのGIANTの直営店がある。 
駅から多摩川に下る道の先に、東急電鉄が高架下(正確には脇の土地)活用のために、数年前誘致した。 
ガラス張りの白い建物で、なかなか未来的な建物である。 

6a012875710d74970c0133f2234cdf970b.jpg

もともと三女と自転車探しをしたとき、ここにも寄っていた。 
1階が男性向け、2階が女性向け。 

各デザイン毎に、フレームサイズがXXS、XS、Sとか数多く用意されているのが印象的だった。 
小柄な三女にはうれしいことである。 
で、シンプルな形のものを、彼女は「この中で選ぶならこれ」と気に入っていた。三色の色の中では青がいいとも。 

でも、一番は無印良品の自転車だったわけで、でもそれが撃沈したのは、前回書いたとおり。 
その後、地元のブリヂストン特約店にも行ったが、もう一歩。 

そうこうするうちに1週間。 
このままでは自転車無しで夏休みが過ぎていきそうである・・・。ま、私はいいんだけどね。 


と、この『銀輪の巨人』を読むまでは、思っていた。 

う~ん、どうせなら1回、GIANTの製品とお店を試してみたいなあ、と思ってしまったのだ。 

三女に聞いてみる。「GIANTにしない?」 
そしたらあっさり「うん、いいよ~」 

その足でGIANT直営店に向かい、まずは欲しい自転車を改めて選ぶ。 
これもあっさり前回のと同じのを選ぶ。 
私は本当は、これが格好いいと思ったんだけどなあ・・・。三女的にはダメらしい。 

2012-07-27 19.02.19.jpg

ま、いいや。 

彼女のお気に入りは、フレームはシンプルな形。色はブルー。 

2012-07-27 19.02.08.jpg

これに真っ白い泥よけを合わせて、黒の網カゴ、黒のスタンドをつける。 

すると・・・、おお、なかなかナイスな配色じゃないの。

2012-07-28 09.14.54.jpg

2012-07-28 09.14.15.jpg

店頭在庫があるものばかりだったので、その日のうちに組み立て上がり、ニコニコしながら乗って帰ってきた。 
最初の感想は「すーーーっと進んじゃってコワイ(笑)」だった。 

そりゃ、11kgの軽量型だからねえ。 
GIANTは軽量が売り。5~6万円の中価格帯のものでも、10~11kgである。(14万円を超える高価格帯だと8~9kg) 

大事にしなよ。 
ちゃんとメンテナンスしなかったら没収しますので、そのつもりで。

2012年7月24日

三女の主張

さっき書斎に三女が来た。

何かと思ったら今行っている塾で、9月から始まる「作文講座」を追加で受けたいという。

彼女がまず説明したのは、
・都立の入試では国語で必ず10点分出る(200字作文というのがある)
・それをしっかり取りたい
ということ。

そして、その作文講座が
・国語の先生だけでなく、他の先生もいいと誉めていること
・マンツーマンに近い形でやってくれること
・でも外部も使って個別添削するから、費用が嵩むこと
を説明。

う~ん、これは「重み」と「差」というヤツじゃないですか。
作文はダイジ、そしてそこでこの作文講座は、こんなに凄い。

週1回で月12000円。
安くは無いけれど、その説明力に免じてOKとしましょう。

決して
・他の子も受けるらしいから(事実)
なんて(私には)言わなかったしね。


でも合わないと思ったら、途中で止められるの?

それもさっそく調べてきて、「前月の5日に言えば、来月から停止できる」と。
つまり2ヶ月は絶対、ってことね。まあ、塾の他の部分と一緒か。


最後に「あなたが今一番弱いのは?」「数学と英語」「そうだよね。そこが一番伸ばせるところ。そのバランスも気をつけてね」「は~い」と会話して終了。

結果につながるといいね。
でも結果はどうあれ、あなたのその自らの判断と努力の一つ一つが、何よりも貴いのだよ。
DSC_0120.JPG

2012年7月22日

三女と自転車

塾通いが始まって4ヶ月。隣の駅なので、電車だったのだが最近になって「自転車で」と言い始めた。
確かに、駅まで10分歩いている間に、自転車だと着いてしまうほど、隣の駅は近い。

自転車は小学校のとき買ったものがあるがこれはもう、お母さんのものと見捨て、自分は新しいのが欲しいという。
まあ、いいでしょ。

好みを聞くと「しろたみたいなの」と言う。
地元の商店街の自転車屋さんである。意味がよくわからないので聞くと「スポーティなのはイヤ」だと。

でも、ママチャリではなくて、ハンドルはまっすぐで、フレームが曲がっているのも格好良くない!・・・と、聞けば聞くほど難しい。

ともかく、いつものとおり、自分で調査、自分で判断、の練習である。

歩いて行ける範囲に自転車屋さんは6軒ある。先日、それらをほとんど全部回って調査した。
そのひとつがMUJI。
彼女は結局、その超シンプルなヤツが気に入り、それが良いという。
a3f35779c4ed3f23f2cd9f80c706797aab0eed84_m (1).jpg←これのベージュ

私としてはあまりに地味で、シマノじゃなくて、重くて、内装3段しかないのが気に入らないが、まあ、いいでしょ。
ということで朝一で買いに行ったのだが・・・
2012-07-22 10.17.14.jpg

なんと、
・内装3段は黒だけ
・ベージュだと多段ギア無し
ということが判明。

さすがにギア無しは寂しい(というか坂を登れない(笑))し、真っ黒はイヤだし、と断念。

さー、どうするかな~
早めに頼まないと、夏の間乗れないぞ~

150cmのちびっ子なので、チョイスが少ないしね。

2012年7月17日

充電の仕方:その1 読書

6月から始まった研修・授業ラッシュが、ようやく一段落。 
先週は7つ、先々週は6つの研修や授業があった。 

対象は小学校低学年から、社会人大学院生、看護師さんと多彩な顔ぶれである。 

次は来週水曜7/25の飲食関係者向け、までしばし休憩である。 
ふ~。 

ちょっと充電しよう。 

本を読んで、テレビを見て、ヒトと話して、ゲームして。 

いや、いつもしてるんだけど、時間制限無しで思い切り。 


まずは今日は、読書。 
次の次の本に向けて、ちょっとお勉強でもある。 
『アイデアのつくり方』 
     05239232.JPG

『意思決定のための「分析の技術」』 
514V61B07NL._SL500_AA300_.jpg

前者はヤング&ルビカムのヤングさんが1940年に書いたもの。超古典である。薄くてかわいいハードカバー。 
後者はマッキンゼーの後さんのもの。分厚くてギッシリ観が凄いソフトカバーなのである。 

今日はこれらを楽しみましょう~。 


そう、次の次の本の予定が決まったのである。 
次の本、は『実例で必ず身につく! 一瞬で大切なことを伝える技術』。明日、見本刷り。来週発刊。 
次の次の本は・・・まだヒミツである。発刊は11月くらいかな~。

2012年7月13日

認定看護管理者制度ファーストレベル研修@AMG 第2回

認定看護管理者を目指す看護師さん、80名が受講する2ヶ月にわたるファーストレベル研修。

初日午後に「決める力・伝える力」研修をやって、昨日は「ほめる力・ビジネス分析」研修を3時間ちょっとやりました。

ほめる力は、「重みと差」の重要思考の、ちょっとした応用です。
相手がダイジと思っているところで、素晴らしいと差を具体的に言ってあげる。

相手のモノ(お財布)をほめ、そして相手の印象をほめました。
2人組、2分ずつ互いをインタビューして、相手(モノやヒト)をチームのみんなにほめる!

大いに盛り上がり、笑い声や歓声があちこちで。

532474_370599759675795_1455657066_n.jpg

チーム毎にNo.1を決めてもらい、そのうち何人かに発表をしてもらいました。

「○○さんは、明るく元気、をモットーにされて、仕事をしています」「ご覧いただいてもわかりますよね。ホントに元気な様子、明るい雰囲気が伝わってきますよね!」

素晴らしい。
でも、こうすると、もっとうまく伝わるかも。

私たちの職場で一番ダイジなコトは、明るく元気であることですよね。その点、彼女は明るく元気、そのものです・・・」

おお~~、と感嘆の声が巻き起こります。

相手の価値観を、自分たちみんなの価値であると、言い切っちゃうのです。
それによって、その人の「差」は、みんなにとっての素晴らしさになるんです。


後半はビジネス分析。
日経ビジネスの課長塾でも行った内容で、特に、看護師さん向けにカスタマイズはしていません。

みな、頭をひねりひねり、演習に取り組んでいました。

でも実は、看護師さんたちは、医療過誤の撲滅に向けてさまざまなデータを取り、それを処理することを日常からやっています。
もしくは、患者さんからアンケートを採って、サービス向上に努めるなどしている病院も多いでしょう。

なので、「拡げる」「見通す」「絞る」分析の各演習は、かなりピンときてもいたようです。


合わせて3時間20分、みっちり楽しくやりました。
ホントに楽しい時間でした。講師として何より楽なのは、みなさんの意思や感情がわかりやすいこと。

「休憩は5分!」というとすぐ「え~~~、5分~~」と声が上がります。(なので10分にしました(笑))
集中すれば静かになり、話し合いでは大いに盛り上がります。

女性中心だから、だけでなく、きっとそういう性格の人たちが多い職業なのでしょう。
前向きに、ひたむきに。人をケアしつながる喜び。


途中の「重要思考」経験シェア演習では、多くの方が自らの実践経験を、チーム内でシェアされていました。シーンとなったらどうしよう、と思っていただけに、うれしかったです。
「災害対応マニュアル作成のとき、伝わらなくては意味がない、と思い切りシンプルに絞り込んだ」
「部下への指導で、指示を出すばかり出なく、相手の意思やダイジに思っていることを聞くようになった」
などなど。

これからも、是非、使い続けてくださいね~。

2012年7月 7日

きみはDaniel Coughlinを聴いたか!

昨夕、二子玉川ライズのイベント会場で、Daniel Coughlinを見た!
いや、聴いた。「飛行船」という曲だった。

prof1.jpg

聴いていたのは最後の30秒ほどだったが、ビックリした。
その場で即売のBest版 CDを買った。

東京生まれ福島育ちの彼は独学でこの超絶ギターを編み出したという。
YouTubeでの「かがやき~la Luce~」をどうぞ。

2012年7月 5日

プログラムエウレカ:発想力プログラム@新渡戸文化アフタースクールday9。「伝える」だ!

今日は新渡戸文化アフタースクールでのプログラムエウレカday9。前半の11回のうち、残すはあと3回です。 
そして今日のテーマは「伝える」。自分の意見を伝える、プレゼンテーションの練習です。 

もちろん、今日もくり返しです。2回、やります。 

まずは話すテーマを選んで、大きな紙に自分の意見を書きます。 
テーマは「好きなスポーツ・科目」「欲しいもの」「あこがれの職業」から選んでもらいました。発表内容は「なに?」「なぜそれ?」「そのためにどんなことをしている?」です。 

でも早速、Sくんから要望が。「このテーマ以外でもいいですか?」 
もちろん!これに合わなくても、言いたいことがあるなら、それでいいよ。よくぞ聞いた! 

CIMG3649d.jpg

子どもたちの発表会場をしつらえます。 
椅子15個でお立ち台をつくり、それをみんなが半円状に取り囲むよう椅子を配置します。 
さあ、いよいよ第1回目の発表会です。 

CIMG3665d.jpg

自信家も、恥ずかしがり屋さんも、います。でもみんな、よい発表でした。 
でもまだまだです。なので「特訓」を行います。みんな中庭に出てください! 
特訓は3つ。 

・特訓1:大声で自分の名前を言う 
・特訓2:前を見てまっすぐ歩く 
・特訓3:2秒間、相手の目を見ながら話す 

8人が3班に分かれて、これらの特訓を順々にこなしていきます。 

CIMG3677d.jpg

視線が定まらない子、まっすぐの線上を歩けない子、色々です。でも練習です。 
みんな大きな声は出ていたなあ(笑) 

部屋に戻って、もう1回、発表の準備をします。 
さっき書いた紙を改良してもらいます。絵を足したり、言葉を足したり。 
「さっきと違うことでも良いですか?」 
もちろんだ!違うことが話したくなったのなら、それでいい。でも少し急いでね。 

2回目の発表は、みんなとっても上手になりました。 
紙を見ないでも話せる子、もっと理由がはっきり話せた子。 
自信家はより自信たっぷりに、恥ずかしがり屋さんは、私のサポート無しで、しかも聴衆の目をゆっくりしっかり見ながら話せるようになりました。 

CIMG3700d.jpg

最後にベストプレゼンターを表彰します。 
2位は自信家のSくん。お見事でした。 
そして、1位は・・・・恥ずかしがり屋のOさん。ほんとに上手だったよ~。 

Oさんは3つめのルークキーホルダーを、Sくんは初めてのルークキーホルダーをゲットしました。 
Sくん狂喜(笑) 

子どもたちは、枠をつくってあげると、やりやすい。そしてそれを超えることを憶える。コツは自由に楽しい雰囲気で、くり返すこと! 

さあ、前半戦、残り2回が締めくくりだ。 
コップを調べて考えて、オリジナルのコップをつくって発表だ!!!!

2012年7月 3日

新刊『実例で必ず身につく! 一瞬で大切なことを伝える技術』、Amazonにアップされました

私がかんき出版の濱村さんに 
・先週金曜、グロービスのMBA卒業生同窓会に出てきました。 「教え子」たちと話したのですが、いくつか「伝える技術」の実践例を。これだけで本になるかもしれません。(以下、AMGやルネサンスの話) 
とメールをしたのが、1/24。 

翌日には彼から 
・ご提案いただき、誠にありがとうございます。「伝える技術」続編となる実践編、とても面白い企画ですね! 
・早速、編集長のOと営業部長代理のMに本件を相談し、ぜひやらせていただきたい、という結論になりました 
とお返事。 

その翌日にお会いして正式に執筆依頼を受け、内容を打ち合わせてスタート。超クイックスタートでした。 示された出版時期は7~8月。前著の余韻が残るうちにと。
ということは、5月連休明けには初稿を出さなくてはいけません。

でも目次案を考えるのに、数週間。 
2月に濱村さんと目次案をやりとりして、中盤から執筆スタート。 
となるかと思いきや、もう1ヶ月半、取材とか研修・授業をやっていました。 

上尾に行ったり、両国に行ったり。 

そのうち、KIT虎ノ門の受講生からも「重要思考」実践事例の情報がいろいろ貯まってきて、いよいよ本格的に書き始めたのは4月の始めでした。 

そこからは早くて、一ヶ月後の5/6には初稿ができあがりました。 

そこからデザイン作業がスタートし、初校が出来、タイトルが決まり、カバーデザインが固まっていきました。 
前回に引き続き、デザイン・DTPはムーブの新田由起子さん、カバーデザイン等は装丁家の井上新八さんです。安心です。 

今回のカバーデザインには、かんき出版の女性社員のみなさんの意見が強く反映されています。 

sample.jpg

もともとはグレー系だったのが、金色になりました。ブルー系だった文字も、ピンクになりました。 
前著にも増して、女性読者を惹きつけたいという思いからです。 


本の企画アイデアを出してから半年弱。本作りもいよいよ最終工程です。今頃きっと、神田あたりの印刷工場で版がつくられ、印刷機が回り始めているのでしょう。どきどきです。 

でもこれからは、本のプロモーション活動がダイジになってきます。 
どうターゲット読者に届けるのか、潜在読者を呼び起こすのか。秘策はありませんが、地道にやっていきます。 

まずは、先回同様の「初版限定の無料研修のチケット」から。 
・8/9(木)1900~2030 
・9/1(土)1530~1700 
いずれもKIT虎ノ門大学院にて行われます。 

初版本限りですので、ご希望の方はお早めに~。 

1

PAGE TOP